2016.07.22更新

先月、当院にて、北海道から手術を受けられた方です。
この方は、脳梗塞の既往があり、その後の再発防止のための管理で、抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)を内服されております。
通常は、この抗凝固剤を内服していると、出血が増え、手術が難しくなるため、手術をお断りするか、もしくは、内服を中止したうえで
手術を行います。残念ながら、この方は、内服の中止をすることが出来ないので、地元の病院では、手術を引き受けてくれなかったそうです。

眼瞼下垂症の手術において、出血を少なくすること、そして、手術時間を短くすることは、非常に重要です。
出血が多く、時間がかかると、どんどん、眼瞼は腫れます。腫れると、デザインは崩れます。
保険診療における眼瞼下垂症は、瞼が上がりさえすれば良いという考え方で手術される医師もいらっしゃいますが、
当院は、デザインも大事だと考えております。美容外科に負けないぐらい気を付けるようにしているつもりです。

多数の手術を行った経験や工夫により、
当院の手術では、本当に出血が少なく、時間も短くすることが出来ますので、
抗凝固剤の内服を継続したうえで、手術を行うことが出来ます。

しかしながら、遠方の方で、足が少し不自由な方ですので、術後の管理を考え、
労災病院にて手術をし、10日間の入院して頂くことにしました。
そして、10日後に抜糸されたのち、北海道に帰られた方です。
術後の管理は、遠方の方なので、メールにて行いました。

手術の管理は、実際に、診察することが当然必要ですが、
全国各地から手術を受けに来られる関係上、物理的に難しい場合は、
経過に問題がない場合は、メールにて対応をさせて頂いております。

######################

6/20に手術を受けました 北海道の○○です。
一か月過ぎましたので、経過報告として何枚かの写真を送らせていただきます。

この間、出血することも、勿論傷口が開くことも無く過ごしました。
視界がすっきり開けて、とても快適です。 
肩こりも感じることが少ないように思います。

写真はこれで良かったでしょうか?
不鮮明、別の角度から等ありましたら、また送りますので
お申しつけ下さい。

手術を受けて良かったです、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

北海道○○郡○○町○○ ○○さん

投稿者: 高田眼科

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog