• 保険での診療が可能
  • 日帰りで手術が可能
  • 高周波メスで傷跡がきれい

スタッフブログ

2017年1月 8日 日曜日

眼窩脂肪ヘルニア切除術@浜松の高田眼科

可能な限り出血を少なくするということを追及し、眼瞼下垂症手術を行っております。
そのことで培ったテクニックは、様々な、眼瞼、眼窩手術で応用が利きます。

今回、アップさせて頂く症例は、眼窩脂肪ヘルニアです。
ヘルニアというのは、本来あるべき場所から、臓器や脂肪などがズレてしまうことで、
眼窩脂肪ヘルニアは、眼球の後方にある脂肪が、前方にズレてしまい、ハミ出てしまう状態です。

この状態になると、閉瞼に負担がかかり、キチンと目が閉じないので、
部分的に乾性角結膜炎を引き起こし、ゴロ付くなどの異物感をきたします。
また、外見的にも、非常に気になるものです。

治療は、単純に脂肪を除去するのですが、結膜は、意外に出血しやすく、ぞんざいに扱うと
傷が瘢痕化し、異物感の後遺症が残ります。

点眼麻酔を行い、少量の局所麻酔薬を注射し、開瞼器を装着し、
縫合しやすいように(切開線が判りやすくするように)、デザイン線を約7mmの長さで引きます。
そして、高周波メスにて、切開を行います。ここで、金属メスを使用すると確実に出血が起こり、
止まらなくなります。また、脂肪を切除するにしても、キチンと血管を処理することが非常に
大事になります。



ヘルニアを起こしている、脂肪をしっかり除去した後に、吸収糸にて、
傷口をキチンと縫合し、手術は終了となります。



このように、手術直後から、非常に綺麗な状態です。
今回における出血は、微量で、ほとんど、ありません。





投稿者 高田眼科

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着情報

一覧を見る

2016/12/29

年末年始の診療について
当院は、12月30日の17時にて、診療を終了し、
年明け、1月5日((木)より通常通り診療を開始したします。

アクセス


大きな地図で見る
■所在地:
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオンモール浜松市野1F
■最寄駅:
浜松駅
■診療時間:
9:00~12:30/14:30~18:30
日曜日、祝日のみ終了時間が変更になり
9:00~12:30/14:30~17:00です。
■定休日:水曜日・施設休館日

お問い合わせ 詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら