2016.08.15更新

◼︎気づいたきっかけ

私は生まれたときから左目が眼瞼下垂ですが、右目はそうではないので、特別に見づらい、暗い、視野が狭いなどを感じることはありませんでした。
小学校入学直前、母から「手術してみる?」という話があり、まだ幼い私は手術というと大変恐ろしいものに思え、そして特に困っているわけでもなかったので、「このままで大丈夫」と答えた記憶があります。幸いそんなに重症ではなかったので、急いで手術をしなければならないという状態ではなかったそうで、両親と先生とで相談し、手術は先送りにされたのでした。
小学校に入学すると、眼瞼下垂のことも忘れてしまうぐらい毎日が楽しく充実していました。この頃は周りの友達にも恵まれていたのだと思います。しかし、高学年になるとやんちゃな男子に「おい、ちゃんと目を開けろよ。授業中に眠っちゃだめなんだぞ」などと、からかわれるようになりました。自分ではまったく眠くないのですが、周りからそう見えるのかと軽い衝撃も覚えました。それでも、そのようなからかいに屈する私ではなかったので、言い返したり気にしないようにしたり過ごし、中学、高校も眼瞼下垂だからといって特別困ることはなく、それまでと変わらず、普通の学生生活を送っていました。


◼︎手術後は明るく

そんな私が手術を決意したのには理由があります。社会人となり、メイクをするようになり、おしゃれに興味が出てきたからです。毎朝鏡を見てメイクをするときに、これまであまり気にならなかった眼瞼下垂がどうしても気になるようになってきました。しかも、右目は二重なのに、左目は眼瞼下垂のせいで重たそうな奥二重(もう二重かどうかもあやしい)。アイメイクに気を遣っても、全く意味がありませんでした。メイクがしたいのに鏡を見るのが怖くなってしまったのです。
そこで幼少時からお世話になっている先生に相談し、手術の説明をしていただきました。二重がはっきり見えるようにしてほしいとお願いし、挙筋腱膜を瞼板に固定して短くし、黒目が見えるようにしよう、と言われました。
終わってみるとあっという間でした。小学校入学前にやっておけばよかったと思いましたが、自分で納得して手術できたので、幼い頃の私に相談してくれた両親には感謝しています。
1週間後には抜糸をし、1ヵ月後にはほとんど腫れが引きました。アイメイクのし過ぎは、まぶたにとってよくないらしいので、注意しながら楽しんでいます。同僚にも「雰囲気が明るくなったね」と言われ、毎日が本当に楽しくなりました。

J.Tさん(24歳)

投稿者: 高田眼科

2016.08.15更新

◼︎気づいたきっかけ

趣味は山登りとスポーツクラブに通うことです。学生時代からの仲間何人かと今でも年に2回は山に登っています。山に登るために体力を衰えさせてはならないとスポーツクラブに週3回は通っております。スポーツクラブでは筋肉に負担が少ない水中ウォーキングの教室に入り、1時間は水中ウォーキングをし、ジムでインストラクターの先生についてもらいながら、筋力トレーニングをしております。それがここ数年、何をやっても気分が乗らないのです。ズキンズキンと偏頭痛が起こることがたびたびあり、酒やたばこも控えるようになりました。それでも頭痛は治らず、いくつかの病院で脳の検査をしてもらいましたが脳に異常は見つかりませんでした。そこで先生は、「右のまぶたが垂れ下がっていますね。偏頭痛はこの眼瞼下垂が原因だと考えられます」と言うのです。会社を退職して2年が経ちますが、長年情報システムの運用や設計の仕事に携わっており、確かに目を酷使しておりました。ところが目が原因というより、まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂が原因と知り、この厄介な偏頭痛が治るのならばと早速手術をしていただくことになったのです。



◼︎悩みが解消

術式については先生に詳しく説明していただきました。まぶたを引っ張り上げている筋肉が、仕事柄か加齢かの原因によって弱っている状態なので、その筋肉を短くし縫いつけるというものです。手術当日は日帰りだから大丈夫だと言うのに妻が病院まで付き添いました。あとから考えましたら、片方のまぶたとはいえ、部分麻酔をして慣れない手術を受け、帰りに妻が会計やら何やらの手続きをしてくれたので実はとても助かりました。それはさておき、手術はそう時間もかかりませんでしたが、やはりなかなか覚悟のいるものでした。
手術を無事に終えてから2ヵ月が経ち、手術後の経過も順調で、何よりあれだけ悩まされていた偏頭痛がなくなりました。少しずつスポーツクラブも再開し、来月には近くの山に登る予定です。大丈夫だというのに、今回は妻もついてくるといって聞きません。よく見えるようになった景色を頂上から見渡すのが楽しみです。


D.Hさん(67歳)

投稿者: 高田眼科

2016.07.21更新

日々、手術を行う上で、一番緊張するのは、術後にご本人から、手術についての満足度を伺う瞬間です。
受験勉強においての合格発表を確認する瞬間にも似た気持ちです。
数千件の眼瞼下垂症手術を手掛け、自分の手術について、確信に満ちた自信を持ってはいますが、慣れないものです。

「先生、手術を受けて、本当に良かった!!」
「良かったので、同じように悩んでいる友達を紹介しますね!!」とか、いろいろとお礼を頂きます。
その中で、わざわざ、メールを頂くこともありますので、ご本人のご了解を得たものを少しずつ、ブログで取り上げていこうと思います。

この方は、遠く、山口県から静岡の当院に来られました。どうして、当院を選ばれたのかと言うと、
それは、残念ながら、眼瞼手術で有名な他院での手術で満足のいく結果が出なかったからです。
美容外科で2度、形成外科で2度、切開法にて手術を受けられたようなのですが、
挙筋腱膜が萎縮し、吊上げ手術でないと上がらないということでした。
来院前に、そういったことを電話にて打ち合わせをし、当院も吊上げ術を予定しましたが、当日、術前診察の際、挙筋前転法で上がる可能性があると分かったので、
通常の挙筋前転法で行いました。 手術は、あっさりと、20分程度で終了し、手術中に手鏡で、上がったことをお見せすると、感激のあまり嬉し泣きをされました。
本当に良かったと思います。

その後の経過もよく、術前説明、手術時間、手術結果、そして費用など、今までの他院での手術との違いに、大変驚かれてました。
(費用については、以前の他院での手術に、数百万円と費やされたとのことでした・・・・・)

術後の経過での来院回数を減らすため、メールでのやり取りで、現在、行っておりますが、ブログでの使用の許可を頂きましたので、
体験談として、ご提示したいと思います。
是非、当院での手術を検討されている方は、ご参考にしてみてください。

######################################

高田先生

大変お世話になっております。

術後1週間たちました。

術後、2日目に、朝目覚めると、額の凝りや、眼の疲れ、重さ等が無くなっていました!
手術の前までは、毎朝、目覚めた瞬間から苦しみが襲って来て、これが一生続くんだと思うと、辛かったですが、
出来るだけ気持ち良く、楽しんで日々を過ごそうと、自分なりにいそしむ日々でした。
高田眼科で手術を受けてからは、こんなに素晴らしい朝が迎えられるなんて、夢の様です。
先生のお陰さまで、美しい景色を苦が無く見られる様になりました。あの苦しい日々を思うと、今、本当に幸せです。
先生には新しい人生を与え頂き、どんな感謝の言葉でも足りません。
また、先生のお人柄や、熱意に深く感銘を受けました!

眼瞼下垂は、とても辛いです。
手術前は、また「まだ、少しでも見えてるならいいじゃないか」とか「見た目だけの問題でしょ?気にしなければいいじゃない?」などと
言われたりもしましたし、辛さを理解されづらい病だと思います。
どんな病もそうでしょうが、1人で苦しんでいらっしゃる方も多いと思い、胸が痛みます。
これからも、1人でも多くの方を少しでも早く助けてあげて頂きたいです。

先生、素晴らしい人生を本当に本当に、有り難うございます!


投稿者: 高田眼科

2016.07.19更新

◼︎治療について

「眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)」は、良性の腫瘍だけでも、俗に「ものもらい」と言う「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」から、母斑 (ほくろ)まで多様な症状がみられます。眼瞼腫瘍そのものの治療も、点眼液の塗布や内服薬の服用から、部分麻酔あるいは局所麻酔による摘出・切除、あるいは液体窒素による凍結、さらにレーザー治療まで症状によってふさわしい治療方法が取られます。また、悪性の腫瘍の症状も、遠隔転移の心配がほとんどない基底細胞癌(きていさいぼうがん)と、転移の危険がある扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、脂腺癌(しせんがん)に メルケル細胞癌(めるけるさいぼうがん)などに分かれます。こちらは、手術による全切除を基本に、放射線治療を併用する場合もあります。


前述のとおり、良性の腫瘍でも手術を必要とする場合がありますが、いずれにしても一部の正常組織を含めて腫瘍を完全に切除するのが基本です。ただし、まぶたの腫瘍の場合、大きく切除した場合はまぶたの再建術が必要になります。


治療の手順としては、まず腫瘍の一部をとって顕微鏡で調べる病理検査を行うのが妥当です。外見から診断することも可能ですが、病理検査で悪性であれば転移がないかどうかを調べます。特に悪性腫瘍の場合は肉腫(癌)に該当しますので、非常に強い増殖力で転移する特徴があり命に危険が及ぶ可能性もありますので、早期の診断をおすすめします。腫瘍と同じ側の耳周辺や、アゴの下のリンパ節に転移することがあります。


また、特に悪性の場合は再発も考えられますが、手術の方法によって再発を予防するための治療方法を選択することもできるため、医師の指導のもとで治療に当たってください。再発した場合には、再手術あるいは放射線治療が施されます。手術後に良性から悪性になるケースはわずかですが、定期健診を行ってください。


眼瞼下垂を発症した場合の治療に関する情報は〔眼瞼下垂]の手術「眼瞼挙筋腱膜前転術」、〔眼瞼下垂]の手術「眼瞼挙筋短縮術」、〔眼瞼下垂]の手術「前頭筋吊り上げ術」という眼瞼下垂の主な3手術方法の説明を参考にしてください。

投稿者: 高田眼科

2016.06.24更新

気づいたきっかけ

 80歳になります。おかげさまで大病することなく、いまも畑仕事をするのが生きがいで、毎朝のラジオ体操も欠かしません。ただ、前々から目が悪く、新聞を読むにも、回覧板を読むにも、難儀しておりました。耳もだいぶ遠くなってきたので、顔の見えない電話で話しをすることがおっくうになってきた折、娘から老人用の携帯電話で大きい文字のやりとりをするメールのやり方を教わり、娘とのやりとりはもっぱらメールになりました。

しかしながら、老眼鏡をかけてもメールの文字が見づらく、もう年も年だからしようがないとあきらめておりました。久しぶりに娘が家に立ち寄った日のこと、娘が「お母さんの携帯の見方、アゴがつーんと突き出てる。それって、視力が悪いとか老眼とかじゃなくて、まぶたがかぶさって視界が狭くなっているんじゃないの」と言うのです。そのように言われてみますと、身に覚えがあるのです。

畑仕事をしておりましても、空が何か暗く感じておりました。眠いというわけではないのですが、まぶたが重いと感じておりました。そこで、娘に付き添われて病院に行きましたところ、老人性の眼瞼下垂だと言われたのです。


手術と術後の様子

「手術をすればよくなる」とお医者さまがおっしゃり、娘は「母は高齢なので手術以外で治すことはできませんか」とお尋ねしたのですが、「やはり手術をせねば、このままだ」とおっしゃいました。
私は「畑仕事や針仕事がやりやすくなるのなら手術をしてください」とお医者さまにお願いしました。お医者さまは「なるべく負担の少ない手術をしましょう」とおっしゃり、まぶたを上に上げる筋肉は働いているから、たれさがっている余分な皮膚を切り取るとのことでした。痛みはそんなになく、腫れも少なくて済みました。お医者さまのおかげです。


 手術してもらって本当によかったです。畑仕事しながら、ああ、空はこんなに青かったんだと、まぶしい感じを久しぶりに味わっています。娘や孫から「目元が若返ったね。まだまだ長生きしてよ」と言われます。気分もなんとなく晴れやかになってきましたので、まだまだ元気でいられそうです。

S.Sさん(80歳)


投稿者: 高田眼科

2016.06.24更新

気づいたきっかけ

 息子の目の開き具合がおかしいと気づいたのは、生後1ヵ月が経ったころです。右目はぱっちり開けられるのですが、左目は右目の半分ほどしか開かず、心配で心配で、夫と一緒にあわてて病院へ連れていきました。「先天性眼瞼下垂(せんてんせいがんけんかすい)」という診断がくだったときは、「我が子がなぜ」というショックと「普通の身体に産んであげられなくてごめんね」という気持ちで心が埋め尽くされたのを、いまも覚えています。先天性眼瞼下垂は遺伝によって起きるという説もありますが、私たち夫婦は眼瞼下垂ではありませんでした。

家族に眼瞼下垂の人がいなくても、先天性眼瞼下垂の子どもがうまれることもあります。また、残念ながら、眼瞼下垂は自然に治るものではなく、いずれ手術が必要になるだろうというお話もありました。まずは定期的に診察を受けるということになりました。息子の左目は何も見えないというほどではなさそうでしたが、上の方の視野は狭くなっているようで、テーブルや椅子など、よく物にぶつかってしまうことがありました。アゴをぐっと上げて正面の物を見ようとする仕草が癖になっていたので、やはり生活に支障が生じているようです。


◼︎手術と術後の様子

 息子が4歳になったときに、先生から「集団生活に入る前に手術をしておきましょう」という打診がありました。集団生活になると、息子の両目の大きさが違う見た目の問題からいじめに発展する懸念があるため、幼稚園に入園する前の現時点が遅すぎず早すぎず、ちょうどよいというお話でした。息子には、「目をぱっちりさせるために痛いのを我慢できるかな」「両方の目が同じくらい開くと、もっといっぱい物が見えるようになるよ」などと毎日言って聞かせ、親子ともども手術の心づもりをしてまいりました。

 手術は全身麻酔です。小さな身体で頑張る息子を思うと代わってやりたいという気持ちでしたが、先生を信頼しお願いしました。息子の場合は、まぶたを上げる筋肉の力がほとんどなかったために、まぶたを額の筋肉で吊り上げるために大腿筋膜を使う方法です。手術は無事に成功! 2日間安静のために入院し、問題なく退院することができました。合併症の心配もありましたが、幸いそのようなことはなく、視力も安定しておりひと安心です。もうすぐ待ちに待った入園式です。先天性眼瞼下垂は、信頼できる先生と出会えれば必ず改善されますので、私と同じように悩まれている親御さん、どうか明るい未来を信じてください。

K.Mさん(35歳)


投稿者: 高田眼科

2016.05.20更新

◼︎気づいたきっかけ

工場内で細かい組立作業の仕事をしている者です。細かな物を見続ける特殊な仕事ですから、昔から慢性的に目の疲れはありました。早朝から目を使い続け、夕方になるとまぶたが三重、四重になるぐらいだぶっとした重みを感じていました。特に、左目よりも右目がひどい状態で、同僚には「左右の目の大きさが違う」と言われ、確かに鏡を見るまでもなく、見える広さが違うように感じていました。また、まばたきをするときに、まぶたがくぼんでいるような違和感も気になり、やはり病院に行こうと決めました。


そこで「重度ではありませんが眼瞼下垂(がんけんかすい)です」と診断されました。眼瞼下垂は飲み薬などで治るというものではなく、いまの症状をよくするには手術しかないというお話でした。これまで麻酔をして手術をするという経験をしたことがなかったので、とても不安に感じ、早速手術をお願いしますという気持ちにはならなれませんでした。しばらく考えることにしたのですが、見えづらいとはいっても、片方の目は見えるわけで、わざわざ手術をしなくてもと思ったり、ずっと片方が見えづらいなか、現在の細かい仕事を続けられるのかと思ったり。

結局、昔、眼瞼下垂の手術をしたことがあるという職場の先輩に「手術はあっという間だから大丈夫。それよりなにより劇的に視野が広がるよ」と言われたことに背中を押されて、手術しようと思いました。


◼︎手術と術後の様子

 心配性なので、手術前にはいろいろ先生に質問しました。手術の内容は「挙筋前転法(きょきんぜんてんほう)」というもので、眼窩脂肪(がんかしぼう)というまぶたの脂肪を引き上げる、ということでした。

麻酔のときには痛みがありますが、手術中は痛みはないと言われましたが、実際に部分麻酔なので痛みよりも怖かったのは、皮膚を切られている感覚があることです。また、左右の目の大きさを合わせるために、手術中何度か起き上がって目の大きさを確認していました。手術後は別室で休み、車の運転はできませんので、電車に乗って帰宅しました。


手術後一週間ぐらいで結構腫れはひきます。抜糸は1週間後と2週間後の2回に分けてやりました。さすがに翌日から仕事というわけにはいきませんでしたが、1回目の抜糸が終わった1週間後から仕事に復帰できました。手術跡のあざがまだ少し残っている状態だったので心配されましたが、2週間経つころにはそんなに目立たなくなりました。なにより、左右の目の大きさが同じぐらいになり、先輩が言っていた「視野が広がる」実感があり、よかったと思っています。

T.Nさん(39歳)

投稿者: 高田眼科

2016.05.20更新

◼︎気づいたきっかけ

 主人から「お前は目つきが悪い」と言われるようになり、小学生の子どものお友達からも「いつも怒ってるおばさんだ」と言われることもあり、自分ではそんなつもりはないのにと悩んでおりました。

システムエンジニアとして長時間パソコンを使用する仕事を続けて20年くらいになりますが、目を酷使するからか、まぶたがたるみ、たるんでしまったまぶたの皮膚が黒目に覆いかぶさって、逆三角のような目の形になってしまい、いつもにらんでいるように見えてしまっているのでした。こうした見た目はもちろんのこと、実際に視界が狭く、常にいつもイライラ。視界を広くするために、眉毛とおでこに力を入れて、目を見開くように意識しないとなりませんでした。その結果、目の疲れだけでなく、頭や肩まで重くなって頭痛や肩こりにも悩まされる毎日でした。


この悪循環をどうにかしたいと病院の門をたたいたのでした。診断結果は「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という聞き慣れない病気でしたが、手術によって症状が軽くなるとのこと。家族と相談したところ、「いつも笑っているお母さんになってほしい」と子どもに言われ、手術をすることに決めました。


◼︎手術と術後の様子

 先生には、手術方法をわかりやすく図で説明していただき、納得いくまで質問させていただけたことがよかったです。顔にメスを入れるわけですから、これから手術をお考えの方も、不安を残さずご相談されることをおすすめします。


 私の手術法は、上まぶたの眼瞼挙筋を縫い縮めるものです。そうすることで、まぶたの開く力がアップし、また目元はいまの重たいまぶたから、二重まぶたになると説明されました。

 手術当日は、痛みがあるんだろうと覚悟していましたが、思ったより大丈夫でした。入院は必要なかったため、仕事を長い間休まなくて済んだことはありがたかったです。
パソコンで目を使う仕事なので、すぐに万全の状態で仕事復帰とはいきませんでしたが、術後の回復もよく、1ヵ月を過ぎるころには家事も仕事も無理なくこなせるようになりました。いまとなっては手術をしてよかったという思いしかなく、なぜもっと早く病院に行かなかったのだろうと思います。術後、世界が明るく見えたことは忘れません。

主人や同僚に「表情が明るくなったね」と言われ、子どもは、お友達から「なんかおばさん若くなった」と言われたと、うれしそうに報告してくれました。ずっと悩まされていた頭痛も肩こりもなくなり、普通に過ごせる幸せを実感しています。

K.Yさん(45歳)

投稿者: 高田眼科

2016.03.31更新

気づいたきっかけ
毎朝、洗顔するときや、お化粧をする際に自分の顔を鏡で確認するのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。なぜかと申しますと、年々、まぶたが黒目のあたりまで覆いかぶさっているように垂れ下がるようになって、体のコンディションがどうあろうと、どんなお化粧をしようとも、そのまぶたのせいで眠そうな顔にしか見えないのです。

若いころは、くっきり二重とは申しませんが、そこまでまぶたが厚ぼったいという印象はありませんでした。そのうち、視界が狭くなったようにも感じ、自分の顔を鏡の真正面から見るのも大変になってきて、少し下からのぞき込むようにしないとお化粧するのが難しくなってきました。どうにもこれはおかしいと思い、インターネットでいろいろ調べてみましたところ、眼瞼下垂の症状と似ていたので眼科を受診することにしました。

そこで、院長先生に「眼瞼下垂でしょう」と思ったとおりに診断されました。いつも使っているお化粧品や洗顔フォームが合わなくてこうなったのだろうかと思いましたが、実際の原因は35年以上使っているハードコンタクトレンズではないかということでした。


手術と術後の様子
 症状を改善するには、「やはり手術が一番いいだろう」と院長先生からお話がありました。
不安ですし緊張もありましたが、何度も院長先生とお話させていただくうちに落ち着いてきて納得できましたので、手術を受けることを決意しました。
 手術中は痛みがなかったといえば嘘になりますが、耐えられないほどの痛みではありません。でも麻酔からして痛いことは痛いです。

両目を一緒に行いましたが2時間ほどで手術は終了しました。日帰りですので、手術後は痛み止めを飲みまして、少し休んでそのまま帰ることができ、意外に簡単でした。

 まぶたはどうなっているのかと家に帰り、鏡を見ましたところ、やはり腫れがありました。この腫れはどれくらいでひくのだろうか、と多少の不安がありましたが、日々徐々に腫れがひいていき、1ヵ月が経ったころには、厚ぼったかったまぶたがようやく自然な状態になりました。何より狭かった視界がぐぅーんと広がったように感じられ、ラクに目を開けられるようになったことがうれしいです。ストレスもなくなりました。パート先のお友達には「今までと全然印象が違う。目がぱっちりしてとても素敵になった」なんて褒められることも。眼瞼下垂の手術を機会に、これからまだまだ好きなオシャレを楽しんでいきたいです。

T.Iさん(56歳)

投稿者: 高田眼科

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog