2016.08.15更新

◼︎気づいたきっかけ

私は生まれたときから左目が眼瞼下垂ですが、右目はそうではないので、特別に見づらい、暗い、視野が狭いなどを感じることはありませんでした。
小学校入学直前、母から「手術してみる?」という話があり、まだ幼い私は手術というと大変恐ろしいものに思え、そして特に困っているわけでもなかったので、「このままで大丈夫」と答えた記憶があります。幸いそんなに重症ではなかったので、急いで手術をしなければならないという状態ではなかったそうで、両親と先生とで相談し、手術は先送りにされたのでした。
小学校に入学すると、眼瞼下垂のことも忘れてしまうぐらい毎日が楽しく充実していました。この頃は周りの友達にも恵まれていたのだと思います。しかし、高学年になるとやんちゃな男子に「おい、ちゃんと目を開けろよ。授業中に眠っちゃだめなんだぞ」などと、からかわれるようになりました。自分ではまったく眠くないのですが、周りからそう見えるのかと軽い衝撃も覚えました。それでも、そのようなからかいに屈する私ではなかったので、言い返したり気にしないようにしたり過ごし、中学、高校も眼瞼下垂だからといって特別困ることはなく、それまでと変わらず、普通の学生生活を送っていました。


◼︎手術後は明るく

そんな私が手術を決意したのには理由があります。社会人となり、メイクをするようになり、おしゃれに興味が出てきたからです。毎朝鏡を見てメイクをするときに、これまであまり気にならなかった眼瞼下垂がどうしても気になるようになってきました。しかも、右目は二重なのに、左目は眼瞼下垂のせいで重たそうな奥二重(もう二重かどうかもあやしい)。アイメイクに気を遣っても、全く意味がありませんでした。メイクがしたいのに鏡を見るのが怖くなってしまったのです。
そこで幼少時からお世話になっている先生に相談し、手術の説明をしていただきました。二重がはっきり見えるようにしてほしいとお願いし、挙筋腱膜を瞼板に固定して短くし、黒目が見えるようにしよう、と言われました。
終わってみるとあっという間でした。小学校入学前にやっておけばよかったと思いましたが、自分で納得して手術できたので、幼い頃の私に相談してくれた両親には感謝しています。
1週間後には抜糸をし、1ヵ月後にはほとんど腫れが引きました。アイメイクのし過ぎは、まぶたにとってよくないらしいので、注意しながら楽しんでいます。同僚にも「雰囲気が明るくなったね」と言われ、毎日が本当に楽しくなりました。

J.Tさん(24歳)

投稿者: 高田眼科

2016.08.15更新

◼︎気づいたきっかけ

趣味は山登りとスポーツクラブに通うことです。学生時代からの仲間何人かと今でも年に2回は山に登っています。山に登るために体力を衰えさせてはならないとスポーツクラブに週3回は通っております。スポーツクラブでは筋肉に負担が少ない水中ウォーキングの教室に入り、1時間は水中ウォーキングをし、ジムでインストラクターの先生についてもらいながら、筋力トレーニングをしております。それがここ数年、何をやっても気分が乗らないのです。ズキンズキンと偏頭痛が起こることがたびたびあり、酒やたばこも控えるようになりました。それでも頭痛は治らず、いくつかの病院で脳の検査をしてもらいましたが脳に異常は見つかりませんでした。そこで先生は、「右のまぶたが垂れ下がっていますね。偏頭痛はこの眼瞼下垂が原因だと考えられます」と言うのです。会社を退職して2年が経ちますが、長年情報システムの運用や設計の仕事に携わっており、確かに目を酷使しておりました。ところが目が原因というより、まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂が原因と知り、この厄介な偏頭痛が治るのならばと早速手術をしていただくことになったのです。



◼︎悩みが解消

術式については先生に詳しく説明していただきました。まぶたを引っ張り上げている筋肉が、仕事柄か加齢かの原因によって弱っている状態なので、その筋肉を短くし縫いつけるというものです。手術当日は日帰りだから大丈夫だと言うのに妻が病院まで付き添いました。あとから考えましたら、片方のまぶたとはいえ、部分麻酔をして慣れない手術を受け、帰りに妻が会計やら何やらの手続きをしてくれたので実はとても助かりました。それはさておき、手術はそう時間もかかりませんでしたが、やはりなかなか覚悟のいるものでした。
手術を無事に終えてから2ヵ月が経ち、手術後の経過も順調で、何よりあれだけ悩まされていた偏頭痛がなくなりました。少しずつスポーツクラブも再開し、来月には近くの山に登る予定です。大丈夫だというのに、今回は妻もついてくるといって聞きません。よく見えるようになった景色を頂上から見渡すのが楽しみです。


D.Hさん(67歳)

投稿者: 高田眼科

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog