• 保険での診療が可能
  • 日帰りで手術が可能
  • 高周波メスで傷跡がきれい

スタッフブログ

2013年9月19日 木曜日

レーシングドライバー 山田 真之亮@高田眼科

小学校時代の卒業文集で、将来の夢としてレーシングドライバー(パリダカールラリー出場)と
書いていたのは、小生にとって香ばしい思い出です。
岡山大学医学部で医学の勉強をしながらも、家庭教師や塾の講師、最後には、塾を開いて塾長みたいなことをやりつつ、
お金を貯めて、車を購入し、サーキットに持って行って走っておりました。

いまだに、そういったレースというのは続けており、富士チャンピオンレースというJAF公認レースに3台、高田眼科号が出ております。しかしながら、このモータースポーツは、大不況の風が吹いており、厳しい状態が続いております。
特に、若い方のモータースポーツ人口は減っており、38歳の小生でも若手!?と呼ばれてしまいかねない状況です。

今回、スーパー耐久レース(S耐)岡山シリーズに知り合いの若手ドライバーの山田 真之亮選手が出場し、今回、微力ながらスポンサーをさせて頂きました。
結果は、残念ながら、スタートドライバーを務めた山田選手の活躍もあり、クラス2位、総合8位まで順位があがったものの、パートナードライバーの小早川選手の走行中、最終コーナーでクラッシュしリタイアとなってしまいました。
本当に残念な結果でした。

しかしながら、同日行われた JAF地方選手権SUPER-FJ 岡山シリーズでは、全戦全勝でシリーズ優勝を決めることができました。


予選直前!!


地元テレビの取材を受けています。

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2013年9月18日 水曜日

眼瞼下垂こぼれ話(片眼手術へのこだわり)@浜松の高田眼科

いつも、当ブログを見て頂き、有り難うございます。

今回は、片眼手術について、お話を致します。
当院では、両眼の場合でも、基本的に1~2週間の間隔を空けて、片眼ずつ、日を分けて手術を行っております。

世の中、両眼を同日に手術を行う施設は、多くあると思いますが・・・
眼瞼下垂症の手術を受けると、傷が腫れ、内出血がほっぺたまで伝わって、術後、暫く外も歩けず、
買い物にも行けなかったと聞くことがありました。

当院でも両眼手術は、もちろん、行っておりますが、自分の経験上、あまりお勧めは致しておりません。
当院では、県外の方、時間がない方などで、強くご本人が希望される場合に両眼同時手術を行っております。

眼瞼下垂症の術後は、基本的に、大体、一週間で傷は落ち着いてきますので、
落ち着いた頃合、つまり、1~2週間の間隔を空けて、反対側の眼の手術を行っております。

片眼手術なら、
①眼帯で、ある程度、落ち着くまで傷を隠せるので、傷口を他人に見せることを防ぐことができます。

②局所麻酔で行いますので、局所麻酔は一時間で切れます。よって、術中の痛みに繋がります。
  両眼だと手術時間の関係上、麻酔が切れやすいので、麻酔の追加を行うこととなり、
  追加の麻酔により、左右差が生まれやすいと考えております。

③保険診療における眼瞼下垂症手術は、民間保険の手術給付を受けることができます。(詳しくは、加入されている保険会社に確認が必要ですが・・・)
 両眼同時だと・・・一件分の給付を受けることができますが・・・
 片眼で2日にわけると・・・・2件分の給付を受けることができます。

三つの理由で、当院では、片眼手術をこだわって行っております。

高田眼科

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2013年9月16日 月曜日

待ち時間の短縮のためにTOC(theory of constraints):制約理論@浜松の高田眼科

先日、患者接遇マナーと題した 製薬会社主催の講演に参加しました。
製薬会社主催の講演会というのは、どうしても、自社の製剤や、それに関連した疾患についての題目が多いのですが・・・。

その講演の中で、患者からみた医院選びのポイントを表にして、順位付けしていました。
その中で、院長の人柄や説明、スッタフの接遇などを上位にあげておりましたが、待ち時間の少なさ というのが何気に
高い順位にあったのに目を引きました。
加えて、講師の方も待ち時間についての自験例を話しておりました・・・・接遇が大事という題目なのに・・・・。
そこで、今回、その待ち時間短縮についての小話をしてみたいと思います。

開院当初、当院は待ち時間が非常に長く、待合室でまってる患者さんの表情は待ちくたびれて、うんざり顔をしている状態でした。
3時間待ちなんてことも当たり前な状況だったと思います。しかし、今では、1時間お待たせすることも珍しくなりました・・・・

ここで、小生の愛書「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」の登場です。小生は、ビジネス書を読むのが大好きです。
この本の内容は、機械メーカーの工場長である主人公を中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説です。
難しい難解な専門書ではなく、今、話題の「半沢直樹」の原作のような小説です。
小説を読んで、ビジネス理論を学べます。
実は、この本は、世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。いわば「幻の名著」でした。
長い間日本で出版されなかった理由は、「日本人は、部分最適の改善にかけては世界で超一級だ。その日本人に『ザ・ゴール』に書いたような全体最適化の手法を教えてしまったら、貿易摩擦が再燃して世界経済が大混乱に陥る」というのが出版を著者が拒否し続けたからでした。(Amazonより一部抜粋)

眼科診療所というのは、ある意味、小説の中に登場する機械メーカーの工場に例えることができます。
この本には、その工場(眼科診療所)の効率を大幅にあげるための秘訣が書いてあります。
TOC(theory of constraints):制約理論 といわれる理論です。
小生は経営者という立場では、このTOCというのを常に意識しております。

これは、難しくなく、単純にボトルネックを考え、それを改善することを繰り替えすことで、スケジューリングをスムーズにする理論です。

例えば、視力検査台で患者さんの流れが滞っているのであれば、視力検査台を増やす。(当院では検査台3台⇒5台に増設)。
そのせいで、レフケラトメーターの検査、眼圧検査で滞るようになったのであれば、トノレフを2台にして増設。そこで、診察で滞るようになったのであれば、診察を工夫する。具体的には、散瞳検査で時間を食うようになっているのであれば、散瞳検査不要の超広角レーザー走査眼底カメラを導入し、散瞳検査にかかる時間を節約する・・・・。または、代診の医師を確保して2診体制にする。

このような形で、日々、工夫に工夫を重ねて、患者さんの待ち時間を短くするようにしております。

しかしながら、非常に多数の来院になると診療が滞り、ご迷惑をお掛けすることになるかもしれません。
今後も、より診療所の効率化=待ち時間の短縮化 の工夫を積み重ねて生きたいと思いますが、
当院の目下の課題は、手術の待機期間です。

現在、当院の眼瞼下垂症手術の待機期間が、3ヶ月近くになっております。
この点でも、ご迷惑をお掛けしておりますが、早急に改善するように、日々、フル活動で手術をこなしている日々でございます。
よりスムーズに手術を受けて頂けるようにしていきたいと思います。

最後に、「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」 読んでみて下さい。お勧めですよ。

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2013年9月15日 日曜日

眼瞼下垂症こぼれ話(逆さ睫毛には電気分解)@浜松の高田眼科

逆さ睫毛(さかまつげ、さかさまつげ)の治療のご相談を多く頂きます。
実は、医学的には、逆さ睫毛は大きく二つに分かれます。
眼瞼内反症 と 睫毛乱生 です。

瞼(まぶた)自体が内向きにめくれ込んでいるのが眼瞼内反症です。(これは、概ね手術で治します。)
そして、瞼の構造には問題ないが、まつ毛の生える方向がおかしくなり、黒目(角膜)へ向いて当たるのが、睫毛乱生です。

睫毛乱生は、、睫毛の毛根部の炎症によって引き起こされることが多いのですが、
実は、睫毛を抜くことで悪化させてしまっている現実があります。
睫毛が角膜に触れると、非常に異物感があります。そうなったら、患者さんは眼科を受診し、睫毛を抜いて貰う。
一ヶ月もすると、また、抜かれた睫毛が再び伸びてきて、角膜に当たる。そして、抜く。
睫毛を抜くと、睫毛の毛根に炎症が起き、逆睫毛が激しくなるのです。まさに、終わりのない負のスパイラルですね。

全部ではなく、一部のまつげだけが内側つまり眼球側に向かって不規則に生えているような場合には、
当院では、単純に抜くのではなく、睫毛電気分解を積極的に行うようにしております。

生えている場所が異常なこともあれば、生えている場所は正常なのに生えている方向が異常の場合もありますが、
まぶた自体は正常ですので、異常な睫毛の毛根だけを電気分解して脱毛します。

一度の処置で完治させられませんが、2,3度の処置で確実に良くなります。
10分程度の簡単な処置ですので、
患者様によっては、こんなに簡単に永久脱毛できるのならば、早く受ければ良かった。
今まで、月に1,2度、眼科を受診していたのは、なんだったのか?? という嬉しいお言葉を賜ります。

逆さまつ毛(睫毛乱生、眼瞼内反症)でお悩みの方は、どうぞ、ご遠慮なされずに、高田眼科へご相談ください。

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2013年9月11日 水曜日

人間ドック(亀田京橋クリニック)@浜松の高田眼科

亀田総合病院は、千葉県鴨川にある 全国病院ランキングでも上位にくる病院で、
革新的な医療サービス、ホスピタリティ、高度な医療レベルで実績があります。
学生時代、亀田理事長の御子息の家庭教師をさせて頂いたことがきっかけで
この病院を見学させて頂いたときには、本当に感銘を受けました。
日本で始めての電子カルテの導入・・・世界初の総合病院でのISO9001の取得・・・ホテルを思わせるような斬新なクリニックの設計・・・当時からも最先端でした。今においても、全国の病院のお手本、モデルケースになっております。

その亀田病院が、交通の便の良い東京に人間ドックセンター、亀田京橋クリニックを設立したということで、行ってまいりました。



外観も、待合も、本院と同じくホテルを思わせるようなゆったりとした造りです。
和を基調に、壁や天井のデザインに円弧を取り入れているので、病院にありがちな堅いイメージがありません。
また、亀田総合病院と同じく、バックヤードはおろか、スタッフの移動通路が患者の目線に入らないように設計されています。
当院の次の改装の際には、この雰囲気は取り入れてみたいと思いました。

また、このクリニックの目玉は、最新の 大腸3D CTという検査です。
これは、大腸内視鏡よりも手軽に、大腸検査を行うことができます。
もちろん、短所もありますが、患者に精神的、肉体的に負担を掛けない検査は、本当に画期的です。

 











こんな感じで、5mm以上のポリープであれば、簡単に、見逃しが少なく検査ができます。
ちなみに、私は、大腸にポリープが2個も見つかってしまい、近日中に内視鏡手術を受ける予定となりました。crying

現代の医療は日進月歩ですので、今日の非常識は、明日の常識。
機械の進歩により、今までできなかったことなどが、簡単にできるようになります。

先日、当院でも導入した、超広角レーザー眼底カメラ:optosにより、
散瞳処置という負担を掛けなくても網膜の検査ができるようになりました。
当院も、亀田病院に負けないように、最新機器の導入、新しい技術の習得に勤め、
よりよい医療サービスを提供していきたいと思いますが、その前に、大腸ポリープを治します!!

投稿者 高田眼科 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2016/12/29

年末年始の診療について
当院は、12月30日の17時にて、診療を終了し、
年明け、1月5日((木)より通常通り診療を開始したします。

アクセス


大きな地図で見る
■所在地:
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオンモール浜松市野1F
■最寄駅:
浜松駅
■診療時間:
9:00~12:30/14:30~18:30
日曜日、祝日のみ終了時間が変更になり
9:00~12:30/14:30~17:00です。
■定休日:水曜日・施設休館日

お問い合わせ 詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら