• 保険での診療が可能
  • 日帰りで手術が可能
  • 高周波メスで傷跡がきれい

スタッフブログ

2014年3月 2日 日曜日

眼瞼下垂症こぼれ話:重瞼術≠眼瞼下垂症手術@浜松の高田眼科

眼瞼下垂症手術をすると、二重瞼(ふたえまぶた)になるのですか?? あるいは、美容外科のような二重が作れますか?? というご質問を頂きます。

一つ大事なこととして、目を上げる手術(眼瞼下垂症手術) と 二重瞼手術(二重をつくる手術)は、厳密にいうと、全く違う手術なのです。目を上げること(眼瞼下垂症手術)をすると、実は、瞼を上げた分だけ、瞼の皮膚の余りが出来ますので、その分、皮膚が被って、二重が無くなってしまう。言い方を換えれば、奥二重になり、二重が無くなる場合があるのです。

瞼を上げた分に見合うだけの皮膚切除、眼輪筋切除を併用しないと、綺麗な二重はできません。

眼瞼下垂症手術を受けたら、二重がなくなるというのは、皮膚切除を行っていないかor皮膚切除が足らないからです。
二重手術だけであるのならば、瞼の高さを変えないので、皮膚の変化がない分、二重瞼をより安定して作ることができます。
ここで、眼瞼下垂症手術の分類を考えると
①眼瞼下垂症手術のみ:皮膚切除を行わないので、二重が消えやすい。
②眼瞼下垂症手術+重瞼の手術(皮膚切除+眼輪筋切除)を組み合わせ :二重を作るようにするが、切除が足らない場合もあり、確実とはいえない。
③重瞼のみの手術(埋没法、皮膚切除、眼輪筋切除など) :美容外科が行う手術(保険適応外) 

大まかに言えば、3パターンになります。

眼瞼下垂症を治すのであれば、①、②になり、当院は、②のパターンで行っております。
もちろん、美容外科でも、③だけでなく、必要に応じて①、②のパターンも行っております。

話は変わりますが、当院が保険に特化しているのは、患者さんの質の問題もあってのことです。手術の成功、不成功は、患者さんの満足度という尺度があります。
美容外科の患者様の場合、瞼を上げることよりも、二重を綺麗に作るという意識が強いのですので、手術の出来栄えについてのリスクが強いのです。
しかしながら、美容外科の先生は、値段を言い値で提示することができます。クレームのリスクは、お金で目をつぶっているということです。

一方、保険適応の場合は、眼瞼下垂症という病気による視野狭窄を治すことが目的ですので、極端に言えば、目を開けやすくできれば、それだけで、大成功なのです。
よって、手術で得られる収入は、美容外科と比べると、半分以下ぐらいにしかなりませんが、医療リスク(クレーム)が少ないと言えます。
私自身は、眼科医として開業しており、あらゆる眼科疾患を対象に診断・治療しております。そういった意味で、眼瞼下垂症は、ある意味、病気の一部分なのです。

したがって、保険適応の手術の結果で、美容外科並みの結果を保証すること自体、申し訳ありませんが、難しいです。
保険適応での眼瞼下垂症を行っているところは、美容外科ほどには、出来栄えに、注意を払っておりませんので、
皮膚切除を全く行わないところもあります。それは、取りすぎのリスクもありますが、二重が消えることを全く気にしないからです。
当院は、美容外科の手法を用いて、眼瞼下垂症手術をこだわって行っておりますので、皮膚切除を行うようにしております。

もし、ご本人が強く、手術の結果を保証することを先生に求められるのであれば、美容外科での手術をお勧めします。

最後に、当院の手術が保険適応だから、手術が雑だとか、そういうわけではありません。
恩師のメディクス形成外科 総院長 二木 裕先生は著名な美容外科医ですので、当院の場合、ある意味、美容外科の手法に準じて、丁寧な手術を心がけております。

高田眼科

投稿者 高田眼科 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2016/12/29

年末年始の診療について
当院は、12月30日の17時にて、診療を終了し、
年明け、1月5日((木)より通常通り診療を開始したします。

アクセス


大きな地図で見る
■所在地:
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオンモール浜松市野1F
■最寄駅:
浜松駅
■診療時間:
9:00~12:30/14:30~18:30
日曜日、祝日のみ終了時間が変更になり
9:00~12:30/14:30~17:00です。
■定休日:水曜日・施設休館日

お問い合わせ 詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら