• 保険での診療が可能
  • 日帰りで手術が可能
  • 高周波メスで傷跡がきれい

スタッフブログ

2014年4月27日 日曜日

県外の方の手術の流れ:眼瞼下垂症手術

当院は、県外の方の眼瞼下垂症手術を多く手掛けておりますが、
県外の方から、手術の流れについてのご質問を多く受けますので、図で示させて頂きます。



先ずは、お電話 もしくは お問い合わせフォームでご連絡ください。そこで、症状や瞼の状態をお伺いし、
手術適応でありそうであれば、お写真を送っていただきます。

写真が届き次第、こちらから連絡を差し上げますので、そこで、手術日を決定いたします。

手術日に取りあえず、当院に御来院いただきまして、術前検査、術前説明を行った上で、日帰り手術となります。

尚、入院手術の場合は、労災病院に移動して頂き、入院の手続いた上で、手術となります。

手術後、1週間前後となりますので、ご都合の良いときに来院して頂いた上で、抜糸となります。
そして、術後は、1~2ヵ月後に一度来て頂くこととなります。

基本的に、2~3度の来院の計画で行っております。

ただし、片眼ずつ、日帰り手術を行うことをご希望される場合は、
一週間後の抜糸の際に、反対側の手術を行う形になりますので、3~4度の通院となります。

できるだけ、通院のご負担を減らさせて頂くように、努力しております。
よろしくお願い致します。

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2014年4月 8日 火曜日

眼瞼下垂症こぼれ話(新しい手術顕微鏡を導入しました)@浜松の高田眼科

このたび、新しい手術顕微鏡を導入しました。
今までのものとの違いは、光源がLEDになりましたので、より鮮明に手術部位を見ることができるようになりました。例えば、高周波メスにより、僅かに熱の入った筋肉組織と全く熱の入っていない筋肉組織の違いが判るようになったのが驚きでもありました。

当然、LEDですので、以前のハロゲン球とは違い、電球切れの心配がなく、手術中の思わぬトラブルを防ぐことができます。

また、簡単に動画撮影もできるようになりましたので、今後、手術動画を公開することも考えております。

ライカというカメラで有名なメーカーですが、医療機器では一流の光学顕微鏡メーカーであります。

もともと、眼瞼下垂症用の手術顕微鏡というものはないのですが、メーカーと相談の上
カスタマイズし、以前の顕微鏡よりも眼瞼下垂症手術に適した手術顕微鏡になったと思います。

当院は、形成外科の優れた部分と眼科の優れた部分を融合させた眼瞼下垂症手術を特徴としておりますので、
こういった最新医療機器の導入を進めて行きたいと思います。


投稿者 高田眼科 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2016/12/29

年末年始の診療について
当院は、12月30日の17時にて、診療を終了し、
年明け、1月5日((木)より通常通り診療を開始したします。

アクセス


大きな地図で見る
■所在地:
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオンモール浜松市野1F
■最寄駅:
浜松駅
■診療時間:
9:00~12:30/14:30~18:30
日曜日、祝日のみ終了時間が変更になり
9:00~12:30/14:30~17:00です。
■定休日:水曜日・施設休館日

お問い合わせ 詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら