• 保険での診療が可能
  • 日帰りで手術が可能
  • 高周波メスで傷跡がきれい

スタッフブログ

2017年1月15日 日曜日

職人の仕事なかに、眼瞼下垂症手術の真髄を観る@眼瞼下垂治療センター


(参照: http://www4.nhk.or.jp/ippin/ )

毎週楽しみで視聴している番組 BSプレミアム 毎週火曜 午後7時30分放送の 「イッピン」という番組がありますが、
皆さんは、ご覧になられたことはありますでしょうか?
この番組は、日本が誇る職人の高度なワザを生かした工芸品の生産現場に焦点を当てた番組です。
毎回毎回、様々な職人さんが、それぞれの作業においてのコツを単純に紹介するだけでなく、科学的にも分析されており、
その内容は、自分の手術手技への工夫にも繋がるタメになる番組なので、毎週欠かさず観ております。

職人という仕事には、直ぐには真似のできない高い技術力だけでなく、不良品を出さない安定した生産技術も大事だと思います。
そこに至るには、長年、同じ作業を繰り返し続け、何十年、ときには、何世代にもわたり、長い時間をかけて、培われたコツの積み上げだと思います。

私は、お陰様で、眼瞼下垂症手術を長年、毎日のように行っておりますが、手術中は、新しい何かを発見しようと常に集中しております。
漫然と流れ作業のように手術しているようでは、発見はありません。
安定した手技は、安定した結果をもたらしますが、人間の手作業による手術は、僅かながらに日々ぶれます。
その僅かなブレによる僅かな結果の差を経験として蓄積することで、新しい発想が生まれます。
その発想を試してみて、その結果を検討することで、手術は進化すると思います。

年間900件という手術を行っている現在、当然に着実に上手く、そして、安定感がある手術が出来ていると思います。
手術手技においては、大きなブレークスルーはありませんが、
だからこそ、安定を重視した保険診療だけではなく、保険診療の枠を超えた、より満足度の高い手術を試みたいと思っております。

そのことについては、次のブログ記事で説明したいと思います。

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2017年1月10日 火曜日

2016年の眼瞼下垂症手術件数について

高田眼科を浜松市に開業し、最新の検査機器を取り入れ、
大規模施設にない、機動力のある眼科診療所を目指し今年で、開業9年目を迎えました。
日曜、祝日診療も地域の方に周知していただき、結果、浜松医師会が主導し行っている休日診療登板活動の
中心としての役割を担うこととなり、地域医療に貢献するという意味では、一定の目標を達したのではないかと思います。

加えて、「眼瞼下垂症手術なら、高田眼科」ということも広まり、地域の先生方からのご紹介も増え、
さらに、インターネットを介して、遠くからは、北海道、沖縄などの県外はおろか、海外からも来院いただけるようにもなってきました。
浜松という地方都市の診療所としては、驚くべき進化だと思います。


さて、2016年は、眼瞼下垂症手術は、自費診療の二重瞼手術を含めると、年間900件を超える件数となりました。

件数を重ねるにつれて、さらに得られる知識や経験もあり、当院の眼瞼下垂症手術は、どんどんパワーアップしておりますが、
さらに、精度の高い結果、ダウンタイムの少ない結果、快適な手術を追求したいと思います。


投稿者 高田眼科 | 記事URL

2017年1月 9日 月曜日

現在の手術のご予約について

当院は、水曜日以外のすべての曜日において手術を行っております。
土日・祝日においても手術を行っております。

手術予約の目安として、およそ1~2か月後の枠となっておりますが、

できるだけ、日程的なご要望にかなうように努めておりますので、ご遠慮なく相談ください。

投稿者 高田眼科 | 記事URL

2017年1月 8日 日曜日

眼窩脂肪ヘルニア切除術@浜松の高田眼科

可能な限り出血を少なくするということを追及し、眼瞼下垂症手術を行っております。
そのことで培ったテクニックは、様々な、眼瞼、眼窩手術で応用が利きます。

今回、アップさせて頂く症例は、眼窩脂肪ヘルニアです。
ヘルニアというのは、本来あるべき場所から、臓器や脂肪などがズレてしまうことで、
眼窩脂肪ヘルニアは、眼球の後方にある脂肪が、前方にズレてしまい、ハミ出てしまう状態です。

この状態になると、閉瞼に負担がかかり、キチンと目が閉じないので、
部分的に乾性角結膜炎を引き起こし、ゴロ付くなどの異物感をきたします。
また、外見的にも、非常に気になるものです。

治療は、単純に脂肪を除去するのですが、結膜は、意外に出血しやすく、ぞんざいに扱うと
傷が瘢痕化し、異物感の後遺症が残ります。

点眼麻酔を行い、少量の局所麻酔薬を注射し、開瞼器を装着し、
縫合しやすいように(切開線が判りやすくするように)、デザイン線を約7mmの長さで引きます。
そして、高周波メスにて、切開を行います。ここで、金属メスを使用すると確実に出血が起こり、
止まらなくなります。また、脂肪を切除するにしても、キチンと血管を処理することが非常に
大事になります。



ヘルニアを起こしている、脂肪をしっかり除去した後に、吸収糸にて、
傷口をキチンと縫合し、手術は終了となります。



このように、手術直後から、非常に綺麗な状態です。
今回における出血は、微量で、ほとんど、ありません。



投稿者 高田眼科 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2016/12/29

年末年始の診療について
当院は、12月30日の17時にて、診療を終了し、
年明け、1月5日((木)より通常通り診療を開始したします。

アクセス


大きな地図で見る
■所在地:
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオンモール浜松市野1F
■最寄駅:
浜松駅
■診療時間:
9:00~12:30/14:30~18:30
日曜日、祝日のみ終了時間が変更になり
9:00~12:30/14:30~17:00です。
■定休日:水曜日・施設休館日

お問い合わせ 詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら