2014.02.26更新

本日は、眼科領域における当院の新しい試みについてです。
当院は、眼科を標榜しておりますので、眼瞼下垂症などの眼瞼疾患に限らず、
眼科疾患全般を診断、治療を行っております。

その中で眼底疾患は、視力に左右されるような重症疾患があり、それを鑑別するための検査は
非常に重要です。
当院の場合、無散瞳眼底カメラに加えて、最新の眼底検査機器である、網膜三次元解析(OCT)、そして、超広範囲レーザー走査眼底カメラ(オプトス)などを順次導入し、設備をアップデートしています。ちなみに、オプトスは、浜松において、病院、診療所を含め、まだ、数台しか稼動しておりません。

この度、さらに進化し続けるために、今までは提携病院に全て委託しておりました、蛍光造影眼底検査を始めるために、新しい眼底カメラを導入することを予定しております。

造影眼底検査は、造影剤を血管内に注入し、眼底を撮影する検査です。
主に、糖尿病網膜症の進行評価、中心性しょう液性網膜症、加齢性黄斑変性症、眼底出血などの診断のために行われております。
しかしながら、20万分の1とも言われるぐらいですが、造影剤に対しての重篤なアレルギー症状(ショック症状)を起こす場合もあり、注意の必要な検査であります。生死に触れることの少ない眼科医にとって、特に緊張を要する検査でもあります。

そこで、当院では、静脈注射ではなく、経口(内服)による造影眼底検査を始めることを計画し、ただいま、最新の眼底カメラを試験導入しております。経口で行う理由としては、静脈注射と違い、アレルギー症状を起こすリスクが内服の方が圧倒的に少ないと考えられることから、より安全に、そして手軽に行うことができます。
これは、緊急時に他科の助けを借りることができない診療所にとって、大変メリットがあると考えます。
診断の精度も、一部の黄斑変性症を除けば、十分、静脈注射による造影検査と遜色ないと考えております。

写真は初期の糖尿病網膜症の経口蛍光造影眼底検査の結果です。糖尿病により、所々に僅かに眼底出血を起こしており、
通常の検査では、見逃してしまうような僅かな変化も鋭敏に検査することができます。

当院の運営方針として、「変わり続けることを挑戦し続け、その結果、改善し続ける!!それが、進化し続けること」です。

今後とも、変わり続ける高田眼科をよろしくお願い致します。

投稿者: 高田眼科

2014.02.09更新

昔から、小生は物を捨てられない性格です。単純に捨てられないというのではなく、
どんどん手を入れて、古くなったものをリフレッシュしていくことを趣味としております。

例えば、我が家には、研修医一年目に購入した車があり、すでに購入して10年を超えております。(学生時代に乗っていた車も、まだ、乗っておりますが・・・・)
この車は、HONDA シビックという車なのですが、走行距離は既に18万キロを越えております。(エンジンも一度載せ変えておりますし、20万キロを超えたら、再び、乗せかえるつもりでおります。)
ようするに、新しい車も良いのですが、長く乗っている車の壊れたり、調子悪くなった部分を直していくことに喜びを感じてます。

診療所に関しても同じであり、どんどん、手を入れており、今回の改装で5回目になります。
当院は、29坪という狭小診療所であり、昨今の医学の進歩により、どんどん新しい機材を導入しなければなりませんし、増え続けるカルテの収納にも対応しなければなりません。
そのためのスペースを確保するためにも、至る所に収納スペースを設けたりして、工夫しております。
単純に診療所を拡張すれば、問題を解決する簡単な解決策なのかもしれませんが、スペースが狭いという制約条件が付いたほうが、逆に成長の源になるのではないでしょうか?

つまりは、狭いことが逆に、メリットと考えることなのです。当院は狭いなりに器械が整然と並べてありますので、一連の検査で患者様の移動距離が短くて済み、時間が節約できます。そして、狭い診療所に患者様であふれないように、私も含めスタッフ一同、少しでも、早く、正確に、検査、診療 会計を終わらせることができるように心血を注ぐことができます。

これは、眼瞼下垂症手術を含め、あらゆる眼科手術に関しても、大事なことだと思います。手術も、与えられた制約条件を考えて、最良の結果を出すようにする努力の積み重ねだと考えるからです。これからも、努力を続けたいと思います。

さて、今回の高田眼科の改装ですが、壁紙と床の張替えと、診察室の収納の見直しを行いました。
壁紙と床を張り替えましたので、診療所内が見違えるように清潔感と高級感が出ました。
しかしながら、改装のために、4日間ものお休みをしていしまい、患者様にはご迷惑をお掛けしたかもしれません。その点については、深謝いたしたいと思います。
しかしながら、より快適に気持ちよく診療を受けて頂くために、これかも、あらゆる工夫を重ねていくたいとおもっておりますので、高田眼科をよろしくお願い致します。






投稿者: 高田眼科

2014.01.08更新

昨日、ホームページから、ご相談を頂いたのですが、連絡先が無く、お答えができませんでしたので、ブログの中で、お答えさせて頂きます。

相談内容:
??県在住、30歳 男です。
7年位前から、何となく瞼に違和感を感じるようになり、特に左瞼が重い感じで、瞼を眉で引き上げながら車の運転をしていました。
もともと、眼瞼下垂気味だったので、右瞼を1回・左瞼を4回、美容外科で瞼を引き上げる手術(埋没法)をしました。(10年前)
しかし、左瞼が下がってくる症状が徐々に進行していき、1年前くらいから、自動車の運転が困難になり、止まっている障害物などに何度かぶつかりました。
??県の眼科を受診したところ、「眼輪筋のトレ-ニングをしてみましょう」とアドバイスされ、ここ半年くらい眼を鍛えていますが、どうも私には効果が出ないようで、症状はさらに進行しているようです。
今でもかなり仕事に支障が出ていますが、この先も悪化するんではないかと不安な毎日を過ごしています。
最近は、パソコンを打つのも、眉で左瞼を引き上げて片手でパンチしている状態です。
今の眼科の主治医には、眼輪筋トレ-ニングが効かなかったら別の方法を考えてみましょうと言われていますが、是非、貴医院を受診したいと考えています。
??県からだと遠いのですが、検査等である程度、静岡県に滞在した方がよいのでしょうか?何回か通うことになるのでしょうか?
そのあたりが分かりませんので、何卒よろしくお願いいたします。


回答

県外の方の場合、先ず電話にて、相談をさせていただきます。
その上で、写真等をメール、郵送にて送って頂き、
電話の内容、写真の検討の上、当院での手術となれば、手術の予約をお取り致します。
(もちろん、可能であれば、手術前に一度、診察を受けて頂くのが理想だと思いますが、
 あまりにも、遠方の場合には、手術当日、当院に来て頂き、術前検査を行ったうえで、当日、手術を行うようにしております。)
手術後は、翌日、受診をして頂き、術後に問題なければ、ご帰宅することができます。
そして、1~2週間後に当院にて抜糸を行います。


また、当院は、浜松労災病院と提携いたしておりますので、一泊入院、長期入院も含めて入院手術も可能ですので、遠方の方は、ホテルの確保をする必要も無く、病室でゆっくり回復を待つことができます。入院手術を希望される場合は、あらかじめ電話でご相談下さい。

高田眼科


投稿者: 高田眼科

2013.12.11更新

平素から大変お世話になっております。

この度、眼瞼下垂手術について、独立行政法人 労働者健康福祉機構  浜松労災病院 との提携を始めることになりました。
当院は、日帰り手術にて、眼瞼下垂症手術を専門に行っておりましたが、この提携により、入院による手術が選択できるようになりました。

これまで、全国から多数の患者様の手術を多く手がけておりますが、どうしても、宿泊施設の確保、通院等でご不便をお掛けしておりました。

今後は、以下の選択ができます。
①従前どおり、当院での日帰り手術。

②当院で、手術した後、労災病院に入院して、回復を待つ。

③労災病院で手術を行った上、そのまま、労災病院で入院を行う。


手術は、当然、当院の院長の高田が行いますから、ご安心ください。

浜松労災病院は、3年前に全面改装され、駐車場も広く、設備も大変綺麗で快適に手術に望んで頂けるのではないかと思います。

 

入院費用については、
1泊2日の入院で、3割負担の場合、15000円程度となります。
抜糸(一週間程度)まで入院して頂くことも可能です。
有料個室もございますので、快適に術後の快復に専念できるかと思います。

また、入院手術は、民間の医療保険に加入されている場合には、一般のホテルにお泊り頂くよりも、費用面でメリットがあります。
加えて、入院時手術保障特約が付いている医療保険の場合は、日帰りを選ばれるよりもメリットがあります。
(入院時手術保障特約とは、入院を伴う、公的医療保険制度における保険給付の対象となる手術・放射線治療に備えた手術特約ですが、言い換えれば、日帰り手術の場合には手術給付が受けられません。)

詳しくは、当院スタッフまで、お問い合わせください。

高田眼科

投稿者: 高田眼科

2013.12.06更新

今月(12月1日)で、当院は開院5周年となりました。

多くの患者様、ならびに、多くの関係者、地域の諸先生方の支えられて、
なんとかやってこられました。この場で、改めて、お礼を申し上げたいと思います。

新規開業で浜松に高田眼科の看板を掲げることになったのですが、
それを暖かく迎え入れてくださった、地域の皆様、浜松の病院、クリニックの諸先生方にお礼申し上げます。

当院は、30坪程度の非常に小さな診療所です。
にもかかわらず、非常に多くの患者様に御来院頂いております。

他にも多くの病院、診療所がある中、当院を信じて受診していただいた患者さまに
ご不便を掛けないようにするための努力をこれからも最大限行っているつもりですが、
現在の診療所の現状を鑑みますと、まだ至る所に改善すべき点が見受けられます。

現状に満足せず、さらなる高度な医療サービスが提供できるように、努力する所存でございます。

開院当初は、外来診療が中心で、ショッピングセンターという立地ということもあり
コンタクトレンズの処方が非常に多く、コンタクトレンズ診療所のような様相で悩みましたが、
網膜三次元解析(OCT)、超広角走査レーザー検眼鏡『Optos』などの最新機材の導入もあいまって緑内障、網膜剥離などの網膜疾患、アレルギー性疾患、感染症などの眼科疾患の受診をして頂けるようになりました。

また、私の専門分野である眼瞼下垂症、内反症など眼瞼疾患分野で
今年は、九州地方(福岡県)、中国地方(岡山県)、四国地方(高知県)、東海地方(三重、岐阜、愛知)、関東(東京、埼玉、神奈川)など
全国から多くの患者様の受診、手術を受けて頂きました。

加えて、地域の諸先生方からの眼瞼下垂症手術のご紹介も多数頂けるようにもなりました。

皆様の支えの結果が、年間400件以上の眼瞼下垂症手術件数となったのだと思います。
しかしながら、まだまだ、今の段階は通過点です。

何卒、変わらぬご支援ご指導を賜りますよう心よりお願いし、5周年の御礼とご挨拶とさせていただきます。

最後に、オフィシャルページを刷新しました。

高田眼科 高田 尚忠 拝

投稿者: 高田眼科

2013.11.17更新

最近、眼瞼下垂症こぼれ話と書きながら、あまり、手術のことに触れていなかったので、
今日は、当院の眼瞼下垂症手術についての話をしたいと思います。

眼瞼下垂症手術において、実は、瞼を削るという作業が、一番、大事だったりします。


綺麗に瞼の厚みを整えるだけでも、眼瞼挙筋腱膜を操作せずして、眼瞼下垂症が改善することもあります。
眼瞼挙筋は、繊細なものなので、できるだけ手術操作をして傷めることを避けるべきですので、
瞼を薄くするだけで治るのは、メリットがあります。

皮膚を切除する際に、皮膚と眼輪筋を一緒にまとめて一気に切除する施設もありますが、
私は、皮膚切除については真皮と眼輪筋の境目にメスを入れて、綺麗に皮膚だけを切除します。
そうすることで、瞼の皮膚の下に隠された、瞼の厚みの正体を探りながら、手術を行わなければならないと考えているからです。

瞼の解剖には、本当にバリエーションがありますが、この一年で400件以上という多数の眼瞼下垂症手術を手がけておりますので、
その解剖のバリエーションのパターンが判っております。
①皮膚 ②眼輪筋 ③中間脂肪(眼窩隔膜) ④眼窩脂肪 ⑤眼瞼挙筋(腱膜) ⑥瞼板(+結膜) の6つの組織から瞼は構成されているわけですので、
その結果、瞼の厚い人、薄い人というように単純に分けるのではなく、皮膚、眼輪筋、中間脂肪、眼窩脂肪で、どれぐらいの分布で厚みが構成されているのか?? を考えて、手術を行っております。


構成されている要素で、過剰なものを取り過ぎない程度に、術中に定量しながら切除する。

しかしながら、出血のコントロールが上手ではないと、きちんと切除することができません。
術野が血だらけで、血液のプールになってしまうようにしてしまうと不可能です。

また、最近、手術創を短くしておこなう手術を行う施設がありますが、満遍なく、厚みを調整しようとすれば、
短いと、一部分だけ凹んだ眼になってしまい、修正に難渋することになってしまいます。
個人的には、手術創は、目頭から目尻まで、広くしっかりとするべきだと考えています。
そのほうが、二重の形も綺麗なります。



最近、行った手術の際、切除した組織の写真です。
①皮膚        ④眼窩隔膜
②眼窩脂肪     ⑤眼輪筋
③中間脂肪     ⑥眼輪筋
となっております。 

この症例では、非常に瞼が分厚かったのですが、殆どが、眼窩脂肪の分布が多すぎる状態でしたので、眼窩脂肪が多く切除されております。
殆ど、出血させること無く、切除できておりますので、こうやって、並べるとボリュームも判りますし
何よりも、どの組織のものなのかも判ります。きちんと腑分けできます。

切除された眼輪筋が血液で、ほとんど染まっていないのが凄い事なのですが・・・・、一般の方にはわからないと思います。
(笑) 眼輪筋は、本来、鶏肉のムネ肉の色なのです。
加えて、こうして、平行して同じ長さで並べられるというのは、瞼を立体3Dで捉えて、満遍なく、表面がガタガタにならないように組織の繊維に沿って切除できているからです。

自然な瞼は、滑らかなのです。これを手術でガタガタにしては、いけません。
だからこそ、点で彫るのではなく、線で削るのです。
小生のとっての手術中の瞼を削る操作は、"大工さんが柱の木をカンナで少しずつ削りながら、面を整えていく"イメージです。

腕の良い職人さんが削りだした、カンナの削りカスは、一枚の紙テープのようになっているかと思います。まさに、手術中、切除した組織を並べて行く時に、脳裏に思い出されます。
切除された組織が一本の線になる・・・・これが眼瞼下垂症の真髄だと思っております。


高田眼科


投稿者: 高田眼科

2013.10.24更新

一般眼科診療を行っていると、涙目という症状のご相談頂く事が、よくあります。
この涙目は、実は、対極にある乾き目:ドライアイよりも、厄介だったりします。
治療方法は、概ね
①点眼 ②涙道洗浄 ③涙管ブジー ④涙管チューブ挿入 ⑤涙嚢鼻腔吻合術(DCR) 等がメジャーな治療法であります。

これらは、涙の排水溝というべき、管が何らかの理由で詰まったりして涙が流れなくなってしまい、涙があふれる状況を治す治療です。
当院でも、①~④までの治療を行っております。
④の涙道チューブ挿入というのは、優れもので、90%程度の涙目が解決します。
これで、治らなければ、⑤の手術となります。

今日は、2週間前にチューブを入れさせて頂いた患者様のチューブを取り外しました。
取る前は、こんな感じで、上下の涙点から鼻の奥までチューブが通っております。



この方は、長年、涙目で悩まされており、他院で、目薬をずっと処方され使用するが治らないために
当院を受診してくださいました。
実は、ご家族が当院で眼瞼下垂症手術を受けて頂いており、その家族の勧めで受診してくださいました。

取るのは簡単で、ピンセットで引っ張ればスルスルと簡単に抜けます。
挿入するのは、少し難しくコツがいるのですが、なかなか優れた治療といえます。

当院では、予約制で、涙道チューブ挿入を行っております。
気軽にご相談ください。


また、一部の涙目も、眼瞼下垂症で引き起こされることがあります。これは、目尻の皮膚がただれやすいタイプに多いのが特徴です。、年齢を重ねていくと、瞼の皮膚が伸びてきて、余っていきます。いわゆる瞼のタルミです。
この瞼のタルミが激しくなると、上眼瞼と下頑健の重なりが多くなり、瞬目(まばたき)をする度に、ポンプのように涙が皮膚に流れていく形になります。 今回、先のチューブを入れさせて頂いた患者様をご紹介くださった家族の方は、
当院で眼瞼下垂症手術を受けていただいたら、涙目が治ったということでした。 そこで、当院への紹介となったわけです。

沢山の病気に接していると、同じ症状でも、様々なことが原因であり、ケースバイケースです。
私自身も発展途上ということを日ごろ意識して、驚きと発見をしながら成長していきたいと思っております。

投稿者: 高田眼科

2013.10.10更新

10月を過ぎ、今年も、残り少なくなりました。

実は、今年の累積、眼瞼下垂症手術の手術件数が300件(10月10日現在)を超えました。
10月、11月の手術のご予約の枠が一杯になっており、現在、順次12月の予約が埋まりつつあり、残り僅かです。
このままのペースで行けば、年間400件となりそうです。
全国でも、有数の件数だと思います。(参照: http://caloo.jp/dpc/disease/281 )

しかしながら、沢山こなせれば良いというのではなく、あくまで件数は結果です。
より良い内容の手術を一件一件増やしたいと思います。

待機時間をできるだけ、少なくするために、今後も努力する所存です。

今後とも、よろしくお願い致します。

投稿者: 高田眼科

2013.09.19更新

小学校時代の卒業文集で、将来の夢としてレーシングドライバー(パリダカールラリー出場)と
書いていたのは、小生にとって香ばしい思い出です。
岡山大学医学部で医学の勉強をしながらも、家庭教師や塾の講師、最後には、塾を開いて塾長みたいなことをやりつつ、
お金を貯めて、車を購入し、サーキットに持って行って走っておりました。

いまだに、そういったレースというのは続けており、富士チャンピオンレースというJAF公認レースに3台、高田眼科号が出ております。しかしながら、このモータースポーツは、大不況の風が吹いており、厳しい状態が続いております。
特に、若い方のモータースポーツ人口は減っており、38歳の小生でも若手!?と呼ばれてしまいかねない状況です。

今回、スーパー耐久レース(S耐)岡山シリーズに知り合いの若手ドライバーの山田 真之亮選手が出場し、今回、微力ながらスポンサーをさせて頂きました。
結果は、残念ながら、スタートドライバーを務めた山田選手の活躍もあり、クラス2位、総合8位まで順位があがったものの、パートナードライバーの小早川選手の走行中、最終コーナーでクラッシュしリタイアとなってしまいました。
本当に残念な結果でした。

しかしながら、同日行われた JAF地方選手権SUPER-FJ 岡山シリーズでは、全戦全勝でシリーズ優勝を決めることができました。


予選直前!!


地元テレビの取材を受けています。

投稿者: 高田眼科

2013.09.18更新

いつも、当ブログを見て頂き、有り難うございます。

今回は、片眼手術について、お話を致します。
当院では、両眼の場合でも、基本的に1~2週間の間隔を空けて、片眼ずつ、日を分けて手術を行っております。

世の中、両眼を同日に手術を行う施設は、多くあると思いますが・・・
眼瞼下垂症の手術を受けると、傷が腫れ、内出血がほっぺたまで伝わって、術後、暫く外も歩けず、
買い物にも行けなかったと聞くことがありました。

当院でも両眼手術は、もちろん、行っておりますが、自分の経験上、あまりお勧めは致しておりません。
当院では、県外の方、時間がない方などで、強くご本人が希望される場合に両眼同時手術を行っております。

眼瞼下垂症の術後は、基本的に、大体、一週間で傷は落ち着いてきますので、
落ち着いた頃合、つまり、1~2週間の間隔を空けて、反対側の眼の手術を行っております。

片眼手術なら、
①眼帯で、ある程度、落ち着くまで傷を隠せるので、傷口を他人に見せることを防ぐことができます。

②局所麻酔で行いますので、局所麻酔は一時間で切れます。よって、術中の痛みに繋がります。
  両眼だと手術時間の関係上、麻酔が切れやすいので、麻酔の追加を行うこととなり、
  追加の麻酔により、左右差が生まれやすいと考えております。

③保険診療における眼瞼下垂症手術は、民間保険の手術給付を受けることができます。(詳しくは、加入されている保険会社に確認が必要ですが・・・)
 両眼同時だと・・・一件分の給付を受けることができますが・・・
 片眼で2日にわけると・・・・2件分の給付を受けることができます。

三つの理由で、当院では、片眼手術をこだわって行っております。

高田眼科

投稿者: 高田眼科

前へ 前へ

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog