眼瞼下垂による症状

眼瞼下垂による症状

下記のような症状がある方は眼瞼下垂の可能性があります。

  • 目が開けにくくなった
  • まぶたが重く感じる
  • 眠たそうに見られる
  • 眉が上がり、おでこにシワが増えた
  • 目が細くなり目つきがきつくなった
  • 目の疲れや肩がこったり頭痛がする
  • 眼精疲労が強い
  • 夕方になると、目の奥や額部分に痛みや苦痛を感じる

当院では保険診療で手術をおこなっております。お気軽にご相談下さい。

治療内容

当院の眼瞼下垂手術

■日帰りで手術が受けられます。
手術時間は、約40分と短時間です。

 

■画期的な高周波メスを使用
高周波メス「エルマンサージトロン」の最新機種を使用。一般的に使用されているCO2(炭酸ガス)レーザーや電気メスとくらべ傷跡が綺麗です。当然、術中の出血も、術後の腫れも少なくて済みます。

 

■健康保険で治療
当院は美容外科ではありません。健康保険が適用になります。費用 片目 約8,000円(1割負担)、約24,000円(3割負担)

 

■眼瞼下垂手術実績
当院では年間200件以上もの眼瞼手術をおこなっており、豊富な実績があり、安心して手術が受けられます。

手術内容

手術の流れについて

術前の説明

視力、眼圧、眼底検査、視野検査等の眼科的検査、診察をさせて頂いた上で、手術の適応であれば、手術を行う前に、しっかりとした術前の説明を行い、手術の日程を決めさせていただきます。
休診日である水曜日以外の診療日です。土曜日、日曜日、祝日も含めておこなっておりますので、ご相談の上決定させていただきます。県外の方は、予め、メールや電話でご相談下さい。

 

手術

手術の当日は、ご指定の時間に来ていただければ大丈夫です。
帰りは、眼帯を付けさせていただきます。

 

手術翌日(ガーゼ、眼帯を外す)

翌日、御来院頂くまでは、ガーゼを絶対に外さないようにして頂きます。術後の腫れや出血などを防止するためです。


4,5日後の抜糸

抜糸は、術後4,5日経てば行うことが出来ます。抜糸後、翌日から、水に濡れても大丈夫ですので、髪を洗ったり、お化粧も可能となります。

 

一ヶ月後

術後、一ヶ月後に、手術の結果を確認させて頂きます。

治療方法

挙筋前転法

外れたり、ゆるんでしまったりした眼瞼挙筋腱膜を本来のあるべき位置に接着し直す方法です。挙筋短縮法と比べ、瞼に対する負担が少ないので、手術の修正もし易く、軽度~中程度の眼瞼下垂症の方に一番お勧めできる手術方法です。
重度の眼瞼下垂症の方には、矯正不足なることがあり得ますが、その後、修正手術の際、短縮法でやり直しすることができます。

 

皮膚切除術(上眼瞼切開)

美容外科では、除痺術、または、二重切開法とも呼ばれ、上まぶたのたるみを切除して目の開きを改善させる眼瞼下垂の手術のひとつです。皮膚を切除するだけなので大きなリスクが少なく比較的安心して治療を受けることができるのが特徴です。逆さ睫毛に悩まされている方や、老人性眼瞼下垂症の方にお勧めできます。

 

挙筋短縮法

眼瞼挙筋腱膜をしっかり、露出させた上で、きっちりと瞼板に止め直す方法です。前転法と比べ、少し大がかりになります。腱膜や筋肉を切除したり、眼窩脂肪を取り除いたりと侵襲性が強いと言えます。重度の眼瞼下垂症には有効ですが、二重が不自然になりやすく、修正手術が難しいこともあり、当院では挙筋前転法がより優れた治療法として考えております。

 

筋膜移植法

眉毛を上げる前頭筋とまぶたをつないで(筋膜を移植して連結)、眉毛の動きを使ってまぶたを上げる方法です。通常、深側頭筋膜もしくは太腿の外側の筋膜を使いますので、別名、筋膜吊り上げ術とも呼ばれています。筋膜を使用した場合、術後、筋膜の拘縮が起き、修正手術が必要となってしまいますので、最近では、ゴアテックスという素材を使用して、より安全に行えるようになっております。挙筋機能が無い場合はこの手術以外に方法はなく重度の眼瞼下垂治療として主に行われています。

 

眉毛下切開


眉下からアプローチしてたるんだ上まぶた皮膚を切除し目をキレイに見せる手術。間違いない実績があり傷跡も分かりません。二重まぶたの方で弛みの解消するケースに適した術法で、上眼瞼切開と違い眉の皮膚部分を取り除くだけなので腫れもほとんどありません。老人性下垂症の方に適した方法といえます。

 

最後に、眼瞼下垂症は、瞼を挙げる筋肉が効率良く瞼を挙げることが出来なくなってしまうことにより発生する状態です。当院では、術後については、できるだけ印象を変えないように手術を行うようにすることと、相談に来られた患者様に、やたらと手術を薦めないようにしております。なぜなら、目は、その人の印象を決定づける重要なパーツですので、慎重に手術の適応を考えるべきだからです。

 

眼瞼下垂症手術において、一番気をつけないと行けないのは、過矯正です。低矯正よりも過矯正は、不自然となりやすいからです。一般的に大きなトラブルになっているのは、過矯正の結果による不自然さが一番多いです。逆に、低矯正の場合は、意外にも第三者に違和感を与えることは少なく、御本人もあまり気にしていないことが多いです。また、修正するにしても、過矯正の修正が圧倒的に難しく、低矯正は修正しやすいと言えます。

 

上記の通り、眼瞼下垂手術の術法は、いろいろとあります。眼瞼下垂症の原因、程度を考慮に入れずに、どのやり方が優れているかということを論じるのはナンセンスです。つまり、眼瞼下垂の状況に合わせて、手術方法を検討すべきだと思います。
眼瞼下垂手術を含めて形成外科的手術は、いうなれば、彫刻を仕上げる作業と似ております。材料にノミを当て、材料を削っていくのですが、当然、一気に削りすぎると素材を駄目にし取り返しが付かなくなります。ですので、少しずつ余裕をみて手術を行なうべきだと思います。結果として、一度の手術で足らなければ、追加手術を行っていきます。テレビ番組で、不幸な事故の後遺症を形成外科医が何度も手術を行いながら治していくのをご覧になったことがあると思いますが、一度の手術ではなく、少しずつ修正しながら合わせこんでいくという考え方をご理解していただける良い例だと思います。

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog