眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂による悪影響

瞼(まぶた)が下がり瞳孔を覆うようになり、ものが見えにくくなる症状を眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)といいます。目が開けづらくなるので、瞼(まぶた)を上げるのをカバーするために額に力が入り、額のしわの原因になったり、無理に額の筋肉を使うことで偏頭痛や肩こり、眼精疲労などにつながることもあります。近年の高齢化社会に伴い、目を 開ける筋力の低下によるものが多く、老人性眼瞼下垂の頻度が急増しています。いわゆる「年をとって目が細くなる、開きにくくなる」というもののひとつです。

眼瞼下垂の種類

先天性眼瞼下垂

基本的には先天性の場合は多く、眼瞼挙筋の形成不全などがもとになります。片眼だけのケースが多く、遺伝的な問題も研究されています。 瞼(まぶた)を開くためには、大きく2つの筋肉が関わっています。動眼神経からの指令で動く眼瞼挙筋。交感神経の緊張で収縮するミューラー筋。顔を正面まっすぐにし、正面を向いた時の体制で、瞼(まぶた)が黒目の上まで上がらない場合を先天性眼瞼下垂といいます。

 

後天性眼瞼下垂

筋力が無いということではなく、加齢による筋力の低下や皮膚や筋肉の弛緩。最近では目を酷使する行為(パソコンの長時間使用)や花粉症、アトピーなどのアレルギー疾患によって瞼(まぶた)を擦ったり、過剰なメイクによって目を擦る行為によって、著しく皮膚がたるんでしまったり、瞼板と眼瞼挙筋腱膜の接合が外れてしまうことによって、悪化するケースも少なくありません。むしろ増加傾向にあります。しかし、体には視野が妨げられると自然に、眉を持ち上げたり、顎を軽く上げたりして代償作用が働くため、発見が遅れる場合があります。片側の眼瞼下垂の場合は、比較的簡単に判断できますが、両側性の場合で形成的な異常が伴わない場合は困難な場合もあります。 加齢によって著しく皮膚が伸び、視野(特に上方視)が妨げられる状態を老人性眼瞼下垂症(皮膚弛緩症)といいます。老人性眼瞼下垂の場合は筋肉などの処理はせず、皮膚だけを切除することで視野が確保でき、美容整形外科では、皺取り手術として行われております。

原因

眼瞼下垂になる原因は下記のような項目が挙げられます。

  • 加齢による瞼(まぶた)の皮膚のたるみ
  • 加齢による瞼(まぶた)の筋力の低下
  • 目を強くこする癖がある
  • コンタクトレンズの長期装用
  • 先天的に、瞼(まぶた)の厚みが大きい場合(逆さまつげが合併している場合が多いです。)
  • 1日のうちパソコンを使う時間が長い
こんな方もオススメです

「目が開けにくい」「瞼(まぶた)が重く見えにくい」などでお悩みの方には、眼瞼下垂の手術をお勧めします。

眼瞼下垂が原因の目の疲れや頭痛・肩こりなどの症状も改善することもあります。

眼瞼下垂でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog