2020.05.30更新

■理想とされる二重瞼の答えは、化粧品売り場にあり


 

 

二重瞼のイラスト


一重瞼(ひとえまぶた)が標準である日本人にとって、二重瞼(ふたえまぶた)に憧れる方は多いと思います。

そして、美容外科で診療を行っていた頃、広い、ぱっちりとした二重瞼(ふたえまぶた)にして欲しいという相談を多く受けました。

私個人の本音としては、「こんなに広い二重幅を希望されるけど・・・・大丈夫??」でした。

 

私の診療所である高田眼科は、ご存知の通り大型ショッピングセンターの中にあり、昼間の散歩として、ショッピンセンター館内をよく散歩しております。

その散歩のコースには、化粧品売り場があります。大型ショッピングセンターなので、比較的多くの化粧品メーカーさんが売り場ブースを出店しており、そして、そのブースの側には、かならず、大きなポスターが貼っております。

職業柄、そのポスターにデカデカとアップされているのが、今最も旬な女優さんです。

眼瞼の専門としては、どんな感じの二重が好まれているのか??をじっと見てしまいます。

そうすると、二重の幅は、意外にも狭い女優さんが多いことに気付きます。

その一方、海外の女優さんの場合には、ものすごく広い二重の方が多いです。

欧米人とアジア人では、骨格の違いで、欧米人は奥目になり、アジア人は腫れぼったい目になります。

欧米人は、眉のところの骨格が出っ張っており、眼窩脂肪、眼輪筋が少ない状態なので二重の人が多いです。。

そして、加齢によって眼瞼挙筋腱膜が瞼板から外れることにより眼瞼下垂症が多く、結果として、より二重が広くなります。

逆にアジア人は、頭蓋骨が平坦であり、眼窩脂肪、眼輪筋が分厚くできており、一重瞼が多い人種となります。

そして、アジア人でも加齢によって、痩せによる眼窩脂肪のボリュームの低下、眼瞼挙筋腱膜が瞼板から外れ、ファシアで結合している眼窩脂肪も奥に移動することにより、サンケンアイ(sunken-eyelid)と眼瞼下垂症となるとともに、結果、二重幅も広い二重(ふたえ)瞼の状態となります。

この人種による解剖学的な違いというのは、非常に大事なポイントと言えます。


■美容外科での切開手術後の二重は、不自然に広すぎる


眼瞼下垂症の海外の教科書の写真

今から15年ほど前に購入した洋書の教科書

今でこそ、美容外科の教科書は、日本語のものが増えてきましたが、私が眼瞼を勉強する際に購入したのは、アメリカのAmazonで洋書の眼形成の医学書でした。

気が利いた教科書だと、アジア人と欧米人の違いに注目しているものもありましたが、基本は、欧米人の瞼の構造を基にしたものでした。

美容外科での手術は、何故か?欧米の色が濃いためか?二重幅を広めにとる傾向が強いように思います。

それは、先に述べたようにベースとなる教科書が洋書だったり、レーザー装置など扱う医療機器、ヒアルロン酸やボットクスなどの医療資材が欧米のモノが多いからではないかと勝手に思ってしまいます。

そして、何よりも、美容外科での手術を希望される患者さん、ご本人が、一重瞼(まぶた)にコンプレックスをもち、また、理想とする二重幅が広いということが大きいのではないかと思います。

高田眼科では、基本、保険診療での眼瞼下垂症を主体としておりますので、二重を作るというよりも、結果的に二重になるという考え方でおります。

つまり、高田眼科が考える自然な二重幅、つまりは、やや二重瞼(ふたえ)というのを理想として目標としております。

結果として、広い二重幅を求められる人にとっては、物足らないと感じられてしまうこともあるのかもしれません。

広すぎる二重幅を狭くすることは出来ますが、一般的な感性の方は、やはり狭い二重を希望されますし、客観的に術者の私からしても、それが一番自然だからです。

患者様から、「若いころに戻ったねと家族から言って貰えた」「見た目が自然なので、手術したのが判らない」「周りから、どこの病院で手術したの?」という喜びの声を多くいただきます。

保険診療の眼瞼下垂症手術だから悪かろう、安かろうではありません。

あくまで、出来るだけ自然に瞼を上げる目的に手術を行うことが保険診療の目的です。


したがって、高田眼科では眼瞼下垂症手術後の仕上がり見た目については、結果的に、幅が狭めの二重幅の二重瞼になるという意味です。

では、お好みの二重に出来ないのか?と言われたら、所謂、自由診療として手術を希望されるのであれば、対応をすることは可能です。

実は、眼瞼の手術において、一番、大事なことは、やり過ぎないことなのです。

理由は、修正が難しくなるからです。

具体的には、二重の起点となる部分も、挙筋腱膜の固定部分も・・・結局は、癒着によってなされます。

そして、二重の位置をずらす、上がり過ぎた瞼を元に戻すには癒着組織を取り除くことになるのですが、

修正手術において、癒着を全て取り除くことは非常に難しいのです。

言葉では、癒着を取るというのは、簡単に聞こえるのかもしれませんが、

癒着組織を取り除くというのは、絨毯(じゅうたん)にこびりついたガムを取り除くようなイメージです。

こびりついているような癒着組織を綺麗に取り除くことにおいて、正常な組織を出来るだけ残すことも重要であり、やたら滅多に取り除けば良いというわけでもありません。


さらには、瘢痕組織を取り除いたとしても、修正手術自体が、再び新しい瘢痕組織を作り出し、癒着していく可能性もあります。


そのため、修正手術においては、可能な限り、組織を痛めないような配慮が必要であり、本当に神経を使います。

当然、癒着除去が中途半端であれば、当初予定していた癒着による不具合が取れませんし、侵襲が強い癒着除去であれば、新たに癒着ができてしまう。

結果として、眼瞼下垂症手術は、控えめにしておいて・・・足らなければ、追加手術を行うぐらいが良いと思います。

もちろん、再手術にならないような手術の方法、考え方などのブラッシュアップは必要で、開院以来12年になりますが、独自の優れた手術方法を確立できたと考えております。

それが、TKD切開法・ファシアリリース法です。


TKD切開法・ファシアリリース法を行うためには、その根底には眼窩脂肪の処理のコツ、ROOF切除、皮膚や眼輪筋の切除の工夫など様々必要です。

こういった工夫をするようになったキッカケというのは、私を指導してくだっさった 故 二木裕先生の教えです。

具体的には、「眼瞼下垂症手術では、ミュラー筋を触ってはいけない」という教えです。

結果として、私は、眼瞼挙筋腱膜前転法が第一選択となるわけですが、一般的には、挙筋腱膜のタッキングだけじゃー眼瞼は上がらないよね?ってことになっております。

そこで、ミュラー筋を触らなくても・・・・ミュラー筋に負担をかけることなく、可能な限り、自然で、ダウンタイムが少ない手術方法の工夫を重ねることになりました。

それが、TKD切開法・ファシアリリース法となるわけです。


▶︎▶︎▶︎詳しく、TKD切開法・ファシアリリース法を知りたい方は、こちらをご覧になって下さい。








 

 

投稿者: 高田眼科

2020.05.23更新

吹き出しマークのイラスト

 

ひとみ眼科院長 臼井英晶先生から見て思う高田眼科の眼瞼下垂症手術について(全文改変なし)


  初めまして ひとみ眼科院長の臼井英晶と申します。

 

今回は、私のクリニックでの眼瞼下垂症手術執刀を依頼している高田医師の眼瞼下垂症手術に関して、医師としての視点から見た特徴をご紹介したいと思います。

 

結論から言いますと、高田医師の眼瞼下垂症手術は出来が素晴らしく、手術後の腫れ・出血などの体への負担も非常に少ない手術です。私自身や家族などが眼瞼下垂症になった場合、是非、高田医師に手術をお願いしたいと思っています。

 

このような結論に至ったのは、私が実際に高田医師の執刀する手術の助手として、手術の一部始終を間近で見させて貰ったことが理由となります。

 

私自身、これまで眼瞼下垂症の手術をかなりの数、執刀をしてきましたし、眼科医師向けの勉強会で眼瞼下垂症手術の講演などもしたこともあり、医師として、自分の手術にそれなりに自信を持っていました。

 

しかし、高田医師の手術を見て、そのレベルの高さに驚きました。それ以来、眼瞼下垂症の手術を希望する患者さんには、高田医師を紹介しています。

 

患者様からすると、どこの先生の手術が優れているかというのはなかなか分かりづらいことが多いと思います。

 

でも、医師から見るとその先生の手術が上手か否かはすぐに分かるものです。

 

私もこれまで、眼瞼下垂症手術を勉強していく過程で、全国的に有名な医師の手術を見学したり、多くの手術動画を見てきました。

 

もちろんそういった医師の手術は素晴らしいのですが、高田医師の眼瞼下垂手術はそれらに引けを取らない、むしろ優っているところも多いと思える手術でした。

 

医師から見た高田医師の眼瞼下垂症手術の特に優れている点が2点あります。

 

手術が非常に丁寧である。

 

標準的な手術方法に加えて、完成度を高めるための独自の技術を追加している。

 

という2点です。それぞれについて少し詳しく書いてみます。

 

手術が非常に丁寧である。

 

手術の手技は大きく分けて、切る、剥ぐ、止血する、縫うという操作に分けられます。

 

高田医師の手術では、そのような操作で、高周波メスという装置と顕微鏡を用います。

 

高周波メスを使うことで、一般的なメスを使った手術に比べて、手術中の出血を少なくすることが出来ます。また、レーザーを用いた手術に比べて傷周囲の焦げや手術後の癒着を小さくすることが出来ます。

 

さらに、手術用顕微鏡を用いることで、微細な手術を可能にしています。

 

ちなみに、高周波メスや顕微鏡を使えば、誰でも上手に手術出来るわけではなく、適切に使いこなすには熟練が必要となります。

 

高田医師は手術用顕微鏡を用いて細かく止血し、高周波メスの使用も必要最小限に留めるため、手術後の腫れが驚くほど少ないです。

 

また、手術中の腫れも非常に小さいため、手術中に患者さんと相談しながら見た目の細かな微調整が可能となっています。

 

標準的な手術方法に加えて、完成度を高めるための独自の技術を追加している。

 

眼瞼下垂症手術には、様々な方法があるのですが、基本的にはどの方法も 「瞼を持ち上げる筋肉を縫い縮めたり、短縮する という手技」が共通の基本となっております。

 

医師が手術を勉強する際に用いるテキストや動画でもその共通の基本については学ぶことが出来ますし、実際に多くの医療機関で行われている眼瞼下垂症手術でも、「瞼を持ち上げる筋肉を縫い縮めたり、短縮する という手技」が行われていることが多いです。

 

もちろん、この方法でも「瞼を上げる」という目的を達することは出来ますが、十分に瞼が上がらなかったり、見た目が不自然になってしまうこともあります。

 

高田医師の眼瞼下垂手術では、基本的な手術方法に加えて、「瞼を持ち上げる筋肉とその周囲の組織を剥離したり、余分な脂肪組織(日本人は瞼の脂肪組織が多い人がよくいます)を切除する などの独自の技術」 を追加しています。

 

これらの技術を追加することで、標準的な手術方法だけの場合より、瞼がより簡単に上げりやすくなり、手術後の見た目も自然で美しい外観が得られやすくなります。

 

ちなみに、こういった、機能の改善に加えて、手術後の見た目まで十分に配慮した手術は、一般的には、美容形成外科などで自費診療として高額な費用が必要となることが多く、保険診療でここまでこだわった手術をしているところは少ないと思います。

 

この2点が、高田医師の眼瞼下垂症手術の特に優れている点であると感じました。

 

「瞼が下がる、上がりづらい」というのは非常に頻度の高い一般的な症状ですが、手術となるとどこに相談すべきか分からず躊躇されている患者さんも多い病気です。

 

高田医師の手術は、同じ医師からみて自信をもってお勧め出来ますので、迷われている方は一度ご相談頂くと良いのではないでしょうか。

 

個人的に思う高田眼科の眼瞼下垂症手術について


 

 

高田眼科(ひとみ眼科)で、今、行っている眼瞼下垂症手術は、故 二木裕先生が、ご指導してくださった内容を元に。個人的に研究を重ねに重ねた上で、磨き上げた手術方法です。


TKD切開法・ファシアリリース法というのも、手術の件数を重ねるうちに、考え出した結果です。

しかしながら、個人開業医ということもあり、手術方法の詳細について、学術発表、論文発表なので表に出すことなく、日々の診療で黙々と行っているような状況です。

しかしながら、手術中の資料も、写真から動画へとコンテンツの内容が豊富になり、私自身、他の先生の手術を目にすることも増えてきました。

その上で、実際には、眼瞼下垂症手術に関して参考になると思ったことは行ってしまえば、あまりありません。

そういうことをすると・・・あー・・・なるから・・・とか・・・、止血もせず・・・・雑だな・・・・とか。

これを言うと、嫌味に聞こえるのかもしれませんが、自分の手術に対しての単純な奢りと言う意味ではありません。

というのは、実際には眼瞼下垂症手術は標準型が決まっているわけではなく、個々の医師が各々で行っているような状態だからです。

したがって、眼瞼下垂症手術は、施設ごとに内容が非常に差があり、結果としては、手術成績が大きく異なってきます。

手術の評価というのは、手術の成功率、ダウンタイムの長短、デザイン性、術後後遺症・・・様々な尺度があると思います。

しかも、手術の難易度というのは、患者様ごとによって異なっており、一概に、どの施設が優れているとも言えないのが事実です。

でも、眼瞼下垂症手術を受けていただいた方が、最大限シアワセになって頂けることが大事なことだと思います。

眼瞼下垂症手術を受けると、鬱が治ると言う効能をうたっている医療機関は多いと思いますが、逆に、手術を受けることで鬱になってしまっているケースもあります。

例えば、保険診療を主体にしているドクターの中は、結果を保証しないという約束を盾に、無茶な手術をされ、患者さんが泣き寝入りしておられたりします。

とある大学病院で、右目と左目で別々の先生が同時に競い合うような形で手術が行われれ、大きく左右差が出現してしまっていたようなケース。

一度の再手術どころか、6度も7度も再手術を繰り返され、瞼の構造を壊されてしまっているような修正に難渋するようなケース。

一方で、一部の美容外科で、非常識な手術費用を請求されているようなケースもあります。

具体的には、埋没法で両眼で60万円だったり、他院の切開の修正手術で、200万円を請求されたとか・・・

高田眼科で診察をしていると、全国から、他院修正のご相談を頂いておりますが、耳を疑うケースもあります。

当然、私の手術が完璧だという意味ではありません。

私も神様ではありませんので、結果が全て完璧に出せるわけでもないのですが、より完璧であろうとすることです。

これは、非常に大事なポイントだと思います。



ガラパゴス的な手術の進化




galapagosの写真

私は、普段から自分なりのコダワリをもって仕事をするタイプですので、結果として、高田眼科の眼瞼下垂症手術は、ガラパゴス的な状態になっております。

ガラパゴスというと、否定的な表現になってしまいますが、進化というのは、生き残っていくための環境への適合の結果です。

お陰様で、多くの眼瞼下垂症手術を長年、経験してきましたので、本当にバラエティに富んだ経験をしてきました。

手術を始めたばかりのころは、二木裕先生に指導された内容を忠実に行っていましたが、やはり、万能ではなく、行き詰まることが多々あり、

それに対しての工夫を悩みと共に重ねていったというのが事実です。

例えば、眼瞼下垂症を得意にされているドクターが、縫合が面倒くさいとおっしゃられているようですが、実は、縫合により、二重の出方、術後の腫れ方、ダウンタイムが異なります。

確かに、単調な作業なのかもしれませんが、本当に気の抜けない作業だったりします。

個人的には、針の持ち替え方、持針器の持ち方、組織への通し方、針の軌道・・・それらを如何に早く、正確に、丁寧に縫合するか?を極めると、どんどん楽しくなります。

自分の趣味は、モータースポーツなのですが、走行タイムをリスクを感じながら、薄皮一枚ずつ削っていく作業と良く似ていて、その緊張感は、手術全般と良く似ています。

「車を運転するという ある意味、誰でもできる作業の中に、独特の感性を混ぜ込んで、自分の強み、オリジナリティを確立する」という作業を若い頃からやってきたという ベテランレーシングドライバー 加藤 寛規選手の言葉を聞いて、自分の眼瞼下垂症手術に置き換えて納得したことがあります。

そういったことの繰り返しで、眼瞼下垂症手術をドンドン進化させてきた自負があります。

そして、さらに磨いていきたいとも思ってます。

それでも、眼瞼下垂症手術に関しては、個人的には絶対的な自信をもっておりますが、現実、自分の立ち位置がどの程度なのかは?分からずじまいな状態でした。

今回、今年の4月から、愛知県愛西市に分院設立を期に、ひとみ眼科院長の 臼井 英晶(うすい ひであき)先生が助手として入ってくださるようになり、自分の手術を眼瞼下垂症手術を行ってこられた同業者に見ていただく機会が増えました。

それまでは、高田眼科の眼瞼下垂症手術を同業者に見せることのなかったのが実際でした。

そして、臼井先生から、高田眼科の眼瞼下垂症手術についての大変有難い感想をいただけましたので、今回、ご提示させていただきました。

投稿者: 高田眼科

2020.05.15更新

眼瞼下垂症に悩む人物の写真

「眼瞼下垂症で悩んでいるけど、どの病院を選べばいいの? 選び方が分からない」

 

「切らない手術は、切る手術よりも優れているってホント?」

 

「保険診療での手術は仕上がりが良くないので、やっぱり美容外科で受けた方がよいの!?」

 

「本当に、自分の目の状態は、眼瞼下垂症手術が必要なの? ぶっちゃけ効果はあるの?」

 

「手術を受けた後は、すごく腫れちゃうのかな??」

 

眼瞼下垂症で悩んでるあなたは手術について、こんな疑問を感じていませんか!?

 

瞼の手術というと、昔から美容外科での手術だと考えられている方が多いと思いますが、

 

最近では、様々なテレビでの特集やインターネットの普及に伴って、眼瞼下垂症という病気が認知されるようになり、

 

美容外科ではなく、眼科や形成外科でも保険診療にて手術が出来ることが知られるようになってきました。

 

さらに、眼瞼下垂症手術を受けたら、慢性的に悩んでいた「肩こり」「頭痛」「眼精疲労」が嘘のように治ったということで、

 

眼瞼下垂症手術を検討される方が急増しております。

 

でも・・・たしかに興味はあるんだけど・・・周りに実際に手術を受けた人がいない!

 

っていうか、手術が怖くて踏ん切りが付かない!

 

なんてことはありませんか?

 

そもそもどんな手術なのか知らなければ、選ぶ基準が分からなくて当然です。

 

「手術を受けた方がいいよ!」なんて言われても、正直・・・ピンときませんよね?

 

しかも、気になるのは病院選びだけではありません。

 

「眼瞼挙筋前転法、眼瞼挙筋短縮法の違いのことさえ良く分からないのに、いきなり、顔にメスをいれるのは、ちょっと・・・・」

 

「切らない手術が良いって聞いたけど・・・・」

 

「瞼の下がりは、そんなにないけど、普段から瞼が重くって仕方がない。そんな私は手術してもらえるの??」

 

あわわ、分からないことがたくさん・・・。

身体のこととはいえ、ちょっと不安が一杯で、なかなか決心が付かなくなっちゃいますよね。


そんな疑問を持ってらっしゃる方は多くいらっしゃると思います・・・

そんな眼瞼下垂症手術の疑問に答えるためのページを分院の「
ひとみ眼科」に作成させていただきました。


リンクを貼らせていただきますので・・・・是非、ご一読ください!!


▶︎ひとみ眼科眼瞼下垂症ブログ「どの手術方法がおすすめ?美容外科手術との違いなど眼瞼下垂手術の全て教えます!」

 

投稿者: 高田眼科

眼瞼下垂なら 高田眼科併設眼瞼下垂治療センターまで

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるよう

な手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

当院では、「何が原因で悪くなってしまったのか」を患者様とともに考え、治療後のよい状態を常に保つことができるような手術を行います。眼科治療を通じて国民の皆様の全身的な健康に寄与することを目標に努力してまいります。

  • tel_053-466-5551.jpg
  • 無料相談はこちら
staff staff blog